« 2015年3月 | トップページ | 2015年5月 »

2015年4月27日 (月)

STOL・飛鳥

かがみはら航空宇宙博物館へ行ってきた。

休み中には小さいお方々がうじゃうじゃいらっしゃるようなので、あえて、この時期を選んで行ってきた。

行く迄は期待感で一杯だったのだけれど、見てしまってからは少し熱が冷めた。

実機がどっさりと・・と思っていたのだ。

スミソニアン博物館(まだ行っていない。必ず行く!!)みたいだと想像していたのだ。

FrontRear





STOL・飛鳥が飛び切り良かった。スゴイよな。

家に帰ってからサーフィンして、とても良いモノを見つけた。ま、読んでみてくれ。

http://homepage1.nifty.com/koyama_s/KASM_volunteer/reference/askaSTD.pdf#search='%E5%90%84%E5%8B%99%E5%8E%9F+%E5%AE%87%E5%AE%99%E3%82%B7%E3%83%A5%E3%83%9F%E3%83%AC%E3%83%BC%E3%82%BF%E3%83%BC+%E6%95%85%E9%9A%9C'

飛鳥が有ったからMRJが有る、とさえ言えるかな。

機体に入れると云うのはたまらなく良い。各部にストレインゲージが貼り付けてあったり、古代(!)のアナデジデコーダとかオレも使った事が有る解析用コンピュータ(CRT一体!!)とか有ってわくわくした。

・・・だってさァ、30年前の機体だものな~。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2015年4月24日 (金)

ラヂウム・ハイボール

東京の公園で放射線を発する固まり・・おそらくはラヂウムが掘り出されたそうな・・・

・・いやね、ヲレが思い出すのはあいつのコトなんだ。

浅黒く放射線焼けをした肌に切れ長な碧の目。

カウンターでさ、つおい酒をさ、三杯も飲んでみせたんだぜ。

ラヂウム・ハイボールをさ。

いや、今でも信じられないね。

ヲレもだいぶ酔っていたから定かぢゃないンだけれど、たしか・・「オットー」とか云ったかな・・昔の話さネ。

ヲレかい?しがない宇宙鉱夫さね。

まあ、のみねぇ、兄弟。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2015年4月22日 (水)

窒素ガスの作り方

「作り方」って書くと一寸妙。だって大気の約80%は窒素だから。

厚手のビニル袋に封を切った使い切りカイロを数個投入するだけ。

一晩位で内部の酸素はカイロに吸着されて・・残った気体はほぼ、窒素。

シリカゲルも同時に投入しておけば乾燥窒素になる・・はず。

長期保存用パーツには、耐ガス真空袋と窒素置換でバッチリですね!!

一寸した用途には缶入りを買うより断然、信じられない程安価ですよ。

直ぐ用意出来ないのが難点。

小生は高圧窒素ボンベと耐ガス真空袋1000枚を昔購入してます・・部品の為に。おばか。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2015年4月21日 (火)

ディスクローター防錆加工

B先ずはブレーキクリーナーでざっと洗い、その後アセトンで念入りに脱脂処理。そして、いつ購入したかも覚えがない画材用(!)のマスキングシートでマスキング。

Aローバー・ジンクスプレーで塗装。

スリット内にも吹き込んだけれど、効果の程は不明。




| | コメント (0) | トラックバック (0)

2015年4月14日 (火)

!速報!!・・ってヲレもネットで読んだのだがww

秋葉原でヘスティア様の「紐」が極秘入荷、頒布されているらしいゾ!

長さの関係で「大きなお友達」は使えないカモ・・だ、そうだ。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2015年4月13日 (月)

2つのSOGA

Dscn5885実は左側は日本酒なんです。

そして右側は余市で醸造されたワイン。

色々な偶然が招き寄せた2つの酒。

日本酒は飲ンじまったけれど、ワインは「飲むのは秋まで待った方が良い」と言われて、しぶしぶいやいや保管中。

普段なら同じ銘柄を2本ずつ購入するんだけれど、コレはね・・無理だったのよ。

「待つまえと、後」を試すコトが出来なくて至極残念、そして、秋がたのしみ~。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2015年4月10日 (金)

サムソナイト キャリータイプスーツケース キャスター交換

「スーツケースのキャスターが壊れたから次の旅行迄に修理しなさい」。

女王様がご旅行から戻られてから直ぐにご命令が下りました。下僕としてはご旅行前にチェックしなかった事を叱責されずに却ってホットしました。

サムソナイト社によると、キャスター修理は請け負ってはくれるけれど、1カ所7000円程掛かるらしい・・4個で新品のスーツケースが買えちゃうよ。

ネットで修理情報についてサーフィンすると・・有るある。ゾロゾロ出てくる。この量の修理情報がアップされているってコトは、どうやらキャスターはウレタン樹脂だな。

先達の情報に従い部品を集めた。小生は近所の「カーマプロショップ/ホダカ」で全てを集めるコトが出来た。

この店はほとんどプロ向けの店で、建築金具とか普通のホームセンターに無いモノまで有るので重宝している。それに安価。

①ステンレスキャップねじ6x50mm(半ねじタイプ)4本、

②ハードロックナット4個(ナイロンナット等では外れると思うので、使うべきぢゃないと思う。ダブルナットでも危険。もちろんロックタイトも使うべき。旅行中、それも海外で故障したら泣くに泣けないよ)。

③ハンマーキャスター社425G-R38(キャスター輪のみ)或いは420R-R(固定枠付き・・分解が必要)4個。

Cimg3140_2定法に則り金ノコで軸を切断し・・・ようと、ヤリかけたが面倒だったので、ボルトカッターで切っちまった。楽々。

キャスター枠がプラなので、むりむりしても枠は壊れなかった(小生の場合は大丈夫だったからと云って、他が上手く行くとは限らない。自己責任)。

Cimg3142
とりあえず仮止めでの写真。後でもう一度外して余ったネジ部分を切断し、本締めする予定。

部品代は・・全部で736円でした。安っす~!!

| | コメント (0) | トラックバック (0)

トヨタ純正・キャンパーボルト サイズ

1989年まではフロントホイールハウジング固定ボルト N102 065 01 が12φだった。現在このパーツは・・NLA。

ネットサーフィンでトヨタ純正でキャンバーボルトとして入手出来ると(勘違いしていて)知り、諸元を調べようとしたけれどネット上には無くて実物を購入し、測定しました。

N102 065 01は M12X1.5X76 。材質はもちろんハイテンだろう。

結論から。

残念ながら購入したトヨタ純正キャンバーボルトは流用不可能でありました。

小生は「純正キャンバーボルト=マジックキャンバーボルト(或いはEZボルト)」だと思いこんでいたのです。

実際は、セットボルトが14や15mmの所へ半ねじ部分が若干細くなっているボルト(今回入手したボルトは12と12.4mm)と入れ替える事でその差、2mm程でキャンバーを付ける・・と云うモノだったのです。

長さも足りなくて結局は流用できませんでした。

Cimg3137専用ナット:90179-15006

専用ワッシャ:90201-15030

ボルトの価格:237円

Cimg3138専用ナット:90179-14062

専用ワッシャ:90201-14005

ボルトの価格:183円

Cimg3139購入はトヨタ部品共販。在庫品ではなかったので、取り寄せに5日程かかりました。

流用出来る国産車用ボルトをご存じの方がいらっしゃいましたら、情報よろしくおねがいします。

一般流通のハイテンボルトを使うより、車用を使った方が良い様に思えますので。よろしく。





| | コメント (0) | トラックバック (0)

« 2015年3月 | トップページ | 2015年5月 »