« ・・・また亡くなったよ・・ | トップページ | スタータースイッチをリビルトした »

2014年12月21日 (日)

ステアリングロックユニットに注油した

最近エンジンキーが引っかかり気味で、一寸すると抜けない事も有ったりしたのでスターターキースイッチ 4A0 905 849 B の破損を想定し、交換作業をしたのだが原因は別に有った(せっかくなのでスイッチは予防交換した)。

ステアリングロックハウジング 893 905 851 内部の潤滑不良が原因だったのだ。

ステアリングロックハウジングの取り外し自体は簡単。●のネジ1本を外せば簡単に外れる。あとは分解してロッドやカムを洗浄注油し、再組すれば良い。

・・・が、取り外すにはダッシュボードを外さなくてはならない。コイツは面倒。

正面からはロックシリンダーの隙間やスイッチを外した裏側から「鍵穴のお薬・ボロンスプレー」を注入しても、キモの部分には届いていない様子。

こりゃ諦めてダッシュボードを外すか・・と思いながらキーをガチャガチャしていると、ロックハウジング固定●ネジを外した穴の奥で何かが動いているのに気がついた。

注意して観察すると、それはステアリングロック・ロッドだったのです。固定ネジ穴がシャフトスリーブを貫通していたのです。

ネジ穴からボロンスプレーを注入し何度かロッドを動かすと、妙な引っかかりは完全に解消しました。

ダッシュボードを外さなくてもとりあえずロッドに注油出来るので、不具合の有る方は試してみてね。

タイトルは「注油」だけれど、キー関係に「油」はダメダメ。本文に書いた通り「鍵穴のクスリ・ボロンスプレー」をホームセンターで買ってきて使ってね。

セキュリティの関係上(今更クサレアウディを盗むヤツも居ないと思うけど)、画像はナシね。

因みにステアリングとメーターユニットは外さなくてはなりません。

固定●ネジはデベソ付きのお星様です。

おまけ:ロックシリンダー パーツナンバー:893 905 855 A 全ての型番は変わっていると思って間違いない(旧型番で注文出来る)。

|

« ・・・また亡くなったよ・・ | トップページ | スタータースイッチをリビルトした »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: ステアリングロックユニットに注油した:

« ・・・また亡くなったよ・・ | トップページ | スタータースイッチをリビルトした »