« XR250MD30シート比較・その2 | トップページ | 人類の救世主となりうるのか、或いは滅亡へと続くのか? »

2014年10月16日 (木)

20mm幅の防水リペアテープ 布テープ状 発見!!

トリコット生地(布)に熱可塑性接着剤が塗布されたシームテープを発見した!!

良く販売されているシームテープ(シームレステープ)は樹脂テープに熱可塑性接着剤を塗布したもの。

純正のGORE-TEXパーマネント・リペアシートは20cm×20cmのモノしか存在しない。

純正品はゴアテックスメンブレンを使っているが、小生が発見したモノは違う様だ。

ただ、布テープ状のシームテープは今までどんなに探しても海外からしか入手出来なかったのだ。

樹脂テープを使ったことが有る人は判ると思うけれど、溶着すると固くなってしまい柔軟性が無くなってしまう。

それに対して布タイプは溶着後も柔らかさを保つ。

探している人には朗報だと思う。

http://www.sugita-band.com/SHOP/122241/list.html

株式会社・スギタ

**追記20/Oct.

熱可塑性接着剤の成分はポリウレタン。製造元は日清紡と判明。

トリコットタイプとフィルムタイプの違いは接着剤の厚さだそうです。フィルム生地にトリコットタイプシームテープを使用しても不具合は発現しないそうです。接着剤がハミ出たりする程度との事。

ポリウレタンなので劣化はする様ですが「我々が遭遇するシームテープの劣化したヤツ」程度の劣化ぢゃね~のかな。

|

« XR250MD30シート比較・その2 | トップページ | 人類の救世主となりうるのか、或いは滅亡へと続くのか? »

コメント

初めまして。長年使用しているゴアテックス雨具のシームテープはがれの補修にフィルムタイプを使用しましたが、とても上首尾とは行かずに思案しておりました。ご紹介の布タイプ製品はオリジナルのシームテープに近いものと思いまして、早速、発注したところです。有意義な製品紹介をありがとうございました。2016.8.30

投稿: RS | 2016年8月30日 (火) 12時41分

 いやぁ、役に立って良かったです。小生は(ネット上で)入手したゴアテックス布をミシンで縫って安価にシェラフカバーを作り、このテープで防水処理しました。

・・見つけた時あまりにウレしくて100m巻きを買ってしまいました。アホじゃぁ。

湯水?の如く放蕩に使った結果、欠点らしきものも。テントの防水はシームグリップの方が良いカモです。
 
テントにシームテープが使われているのは、その処理性が簡単だから・・熱処理が済めば直ぐに畳めるから。では?

 シームグリップみたいな接着剤系?は固化するまでに時間が掛かりますので、生産性が悪いから使われていないのでは?と思います。

 たしかに防水目的の「隙間や縫い目を埋める」は、流動性が有る接着剤系の方が良いのではと思います。

 アライテントが購入者処理用としてシームシーラーを付属させているのはその為ではないでしょうか。

投稿: paraiso | 2016年8月30日 (火) 18時23分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 20mm幅の防水リペアテープ 布テープ状 発見!!:

« XR250MD30シート比較・その2 | トップページ | 人類の救世主となりうるのか、或いは滅亡へと続くのか? »