« シリコンシーラントをテント防水剤として使う | トップページ | ローカロリー飲料で「激」腹痛 3度目!! »

2014年10月22日 (水)

LED電球基板からの面実装LEDの剥がし方・・だが推奨はしない

試行して障害者になっても当方は関知しない

LED電球は予想以上に切れる・・ぢゃない、故障する。原因のほとんどは電源基板の故障。

今まで小生が分解したLED電球の100%が電源基板の故障。何とかLDEチップを回収して流用する方法は無いだろうか?(ビンボーリンボーマーボー~??)

だが、沢山使われているLEDチップを剥がすのは難しい。ご存じの通りアルミ基板が使われているからだ。

コテで半田を溶かそうとしてもだめ。

小生も最初は溶かして外そうと試した・・ケーシングが溶けて終わった。

試行錯誤した結果たどり着いたのは・・・カッターで剥がす(事務用ではないデカイ方)。刃を滑らす様にチップと基板の間に押し込む。アノード、カソード、センターの放熱・・が剥げ切れながら外れる。

割れたりするチップも有るが、慣れると8割以上回収出来る。

お勧めしない訳は危険だから。指をザックリと切り込んでも知らないよ!!!

|

« シリコンシーラントをテント防水剤として使う | トップページ | ローカロリー飲料で「激」腹痛 3度目!! »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: LED電球基板からの面実装LEDの剥がし方・・だが推奨はしない:

« シリコンシーラントをテント防水剤として使う | トップページ | ローカロリー飲料で「激」腹痛 3度目!! »