« 人類の救世主となりうるのか、或いは滅亡へと続くのか? | トップページ | シリコンシーラントをテント防水剤として使う »

2014年10月17日 (金)

絶対に失敗しない秒速BBQ炭点火方法

炭が熾らないBBQほどやっかいなモノは無いと思う。

・・・お腹がすいたと泣く子供、到着が遅れてすっかり日が落ちたキャンプ、一寸湿気っていた炭・・等々。

「ためしてガッテン!」等で幾多の秀逸な方法が紹介されているが、小生の方法はそれを余裕で上回る秒速BBQ開始時間だっ!!

何の事は無い。一発着火「炭」や「豆炭」を種火?にするのだ。なに?ご存じない?マッチ1本で秒速点火する炭や豆炭や練炭が有るのです。

たとえばコレ。Ipatu


画像は拾ってきた物です。

こいつを先ず適量点火する・・種火なので沢山でなくても良い。着火時クサイ有毒?煙が出るのが唯一の欠点。

煙が出なくなり、着火炭全体に火が回った時点で速攻BBQを始められる・・ほらね、早いでしょ。

そのままBBQをやりつつ、着火炭/豆炭の上に安価なマングローブ炭等を適量載せる。

安い炭は保ちが悪いけれど、火が移り易いのよ。安い炭に火が移ったら、オガ炭や備長炭を随時追加しても良いし、安い炭だけ追加していっても良い。

色々な器具やウンチクが有るけれど、泣くと空腹にはダレも勝てんよね・・よって小生の中ではこの方法がイチバン!

|

« 人類の救世主となりうるのか、或いは滅亡へと続くのか? | トップページ | シリコンシーラントをテント防水剤として使う »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 絶対に失敗しない秒速BBQ炭点火方法:

« 人類の救世主となりうるのか、或いは滅亡へと続くのか? | トップページ | シリコンシーラントをテント防水剤として使う »