« ウォッシュレットの修理・その3 | トップページ | XR250 MD30 ダウンリンクについて »

2014年8月 6日 (水)

ウォシュレットの修理・その4

Cimg2967目を皿のようにして見てほしい。

何かが見えるだろうか?

Crukorg見るべきポイントは此処です。

Cruk2このクラックが見えるでしょうか?

Cruk1拡大してみました。

ユニットの材質はおそらくポリアセタール樹脂と思われます。接着剤は効きません。

これは経年劣化と云うよりは、製造上の瑕疵と思われます。インジェクションで成型されていると思いますが、残留応力と水圧に依りクラックが入ったものと思われます。

・・・いくら念入りにシール剤を使っても漏れる訳だ。割れてるんだから。

トライアル#3,追加ソレノイドバルブ+残圧抜きパイプ増設で行くしかないなぁ。

欠陥ですぜ、トトさん!








|

« ウォッシュレットの修理・その3 | トップページ | XR250 MD30 ダウンリンクについて »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: ウォシュレットの修理・その4:

« ウォッシュレットの修理・その3 | トップページ | XR250 MD30 ダウンリンクについて »