« 夏の夜のゆめ | トップページ | ウォシュレットの修理・その2 »

2014年7月30日 (水)

TCF4031R アプリコット C3 TOTO ウォシュレットの修理 

TCF4031R C4・・アプリコットシリーズの最高峰・・・だったのですが、2009年に補修パーツの供給が終了した。

で、やっぱり水漏れした。

アプリコットC3,C4は瞬熱式なので良く報告される「貯湯タンク割れ」が原因では無い(そもそも貯湯タンクは存在しない)。

大抵の場合はバルブユニット・TCH819Sのゴム・パッキンが劣化して、ソコから水漏れする。

小生の機器もソコから漏れた。

Tch819sTCH819S・バルブユニットの構成は以下の通り。

①異物フィルター②ウォーターハンマー予防

③メイン・電磁バルブ④流入水温測定⑤(推定)オリフィスに依る調圧

Cimg2956単体で水道ラインに接続し圧を掛けると、画像の様に泡をふいた。

ネジを外して分解するとステンレス板の下にゴムパッキンが有った。ま、劣化したのだね。

Pcステン板を外すと、左図の如きパッキンが有る。


あえて「ゴム・パッキン」と書きました。オー・リングでは無いのですよ!

良く乾燥させ、合わせ目にトヨタ純正指定・ドライブジョイ・シールパッキン ブラック(シリコーン系液状ガスケット V9350-0113)を塗布して再組した。

通水は1日おいてからにするつもり。多分コレで治ると・・思う。

おまけ:TCH503RR熱交換機部・バルブユニットもパッキン劣化からの水漏れがアヤシイ

|

« 夏の夜のゆめ | トップページ | ウォシュレットの修理・その2 »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: TCF4031R アプリコット C3 TOTO ウォシュレットの修理 :

« 夏の夜のゆめ | トップページ | ウォシュレットの修理・その2 »