« ダウンリンクを購入した | トップページ | XR250 MD30にME08のピストンを入れる »

2014年6月14日 (土)

エアコンガスを補充した

備忘録:

低圧:コンプレッサー基部・黒色キャップ

高圧:保護スイッチ/コンデンサー右側:白色キャップ

バランス圧:測定前12時間以上コンプレッサーを動かさない事。外気温/4.5の数値(低圧・高圧共)

標準圧力:25℃:低圧1.4~1.6kg、高圧11~14kg、、30℃:低圧2~2.5kg、高圧14~16kg

コンプレッサ劣化:エアコンをoffにすると直ぐに高圧/低圧が同圧になってしまう→コンプレッサ・バルブ劣化/破損

少なくとも89年式はオリフィスチューブタイプ。エキスパンションバルブユニットは存在しない。小生はこの25年間に1度だけオリフィスチューブを交換したが、大して汚れても、詰まってもいなかった→ただのプラスチック製濾し網が付いたプラチューブ。交換不要。洗浄すれば良い。

同年代のアウディ、ゴルフ、パサート等でエアコンの効きが悪いと思う時は、エアミクスチャーボックス内の風向制御板スポンジが無くなっている場合がある。

吹き出し口からスポンジカスが噴出して居る場合はほぼ間違いない→対策はスポンジ張り替えしかない。場合によってはエアミクスチャーボックス全摘で、大仕事になる場合有り→ヒーターコアを外さなくてはならない→アウディはエア抜き面倒。ファイアーウォール部のヒーターホースネジからエア抜きすると、その後大抵あのネジから漏れはじめる→ソコは使わず、タンクから真空引きしてクーラントを入れると良い

同年代のアウディ、ゴルフ、パサート等のエアコンはほとんど故障しない。ただし、寒くなってからも時々エアコンスイッチを入れてコンプレッサを動かし、オイルを回す様にするべきだ→特にコンプレッサ軸へ流したい為→故障するのは大抵コンプレッサ。エバポ漏れは無い?

今回は補充用R12・100mlを2.5本程注入。

・・・備忘録のつもりが何か長くなっちまった。エアコンイジリは怪我しないように!!ヘタをすると爆発有りだよ~ん。

|

« ダウンリンクを購入した | トップページ | XR250 MD30にME08のピストンを入れる »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: エアコンガスを補充した:

« ダウンリンクを購入した | トップページ | XR250 MD30にME08のピストンを入れる »