« 2013年12月 | トップページ | 2014年2月 »

2014年1月31日 (金)

流行りモノだぜぃ

B型インフルエンザに罹患しました。

鼻汁や咳はそれ程でも無いけれど、節々が痛い。

イナビルを吸引した。

丸2日間倒れて、ようやく37.5度台に低下。

今週・・ってか年末からついてない。

皆さん手洗いうがいマスク、アヤシイと思ったら外出を控える・・守りましょうね。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2014年1月29日 (水)

女優との別れ

僕自身はそれ程親しいと云う訳ではなかったのだけれど、酒飲み宴会好きと云う点で家内とは仲良くして頂いていた。

「一寸休むから・・ホントにイイの?」なんて言われて家内は何時も通りに快諾。僕への承諾?は後回しだった。

まぁ、家内から言わせれば「私の人生なんだから、貴男にアレコレ言われるコトないでしょ」なんて言われてしまいました。そのと-りですね。

でも何回か代打に出て皆に感謝されていましたね。僕が間違っていました。

 貴女は当然帰ってくるのだと思っていました。

それ程親しくはなかったのは今までで「これから」が有るのだと思っていました。

残念です。

瀬辺千尋、貴女は僕の会った初めての女優でした。さようなら。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2014年1月24日 (金)

指の傷:現状

最後まで残った傷がようやく閉鎖したので、自分記録として画像をアップしておこうと思う。

哆開した傷が閉鎖するまで1ヶ月以上かかった。

一寸エグイかもしれないので拡大注意。

Cimg2932爪母部分の内出血はもう痛くない。爪の1時、2時、5時、10時に有る茶褐色の点は、指から爪に貫通させて縫合した痕・・爪が浮いて剥がれそうだったので。無事に活着しました。

Cimg2933Cimg2935爪の脇から腹側のほぼ半周に至る。

先日縫合の補助をしてくれた看護師に聞いたところ「骨は見えなかった」と言っていたので、正に「肉を引き裂いた」傷だった訳だ(皆には「ミカンの皮を剥くように指がむけた」と説明して不興をかっている)。

表面だけでは無く、内側でも肉芽が出来て創傷治癒が進行している訳だから腫れるし(現在元の指の1.5倍はある)、デリケートな組織だから(痛みにも)敏感な訳だな。

創面から遠位端5mm幅は・・感覚が無い。時間が必要だね。

そんな訳でまだまだ不自由してます。

 

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2014年1月20日 (月)

指の傷で整形外科に行って後悔した

モノクロスサス・リンク部に挟んだ指がまだ治っていない。

整形外科医なら今後の方針について有用なアドバイスをもらえるカモと、近くの整形外科に出かけたのだが、後悔した。失敗した。間違っていた。

一般開業医の整形外科医院とは・・ジジババの巣窟であった。

ドクターは「哆開」の意味を知らなかった。

・・・しまった「整形外科」ではなく「形成外科」に行かねばならなかったのだっ!!

良い子の皆さんは指や顔面に酷い傷をしてしまったら「外科」に行くのではなく「形成外科」に行って下さいね。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2014年1月17日 (金)

面実装コンデンサのバカヤロー!!

11_32_2・・画像の通りです。

2枚目のコンデンサ裏側にはPLDチップが2枚・・。

復活不可能かもしれない。

プロセッサ側にも腐ったヤツが山の様にある・・・製造者を呪うね。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2014年1月11日 (土)

どちらが良いか判断つき難し

マフラーを発注した米国の会社から「ANSAなら直ぐ送れる準備が有るがどうする?」と云うメールが来た。

ANSAか・・フェラーリのマフラーを作っていた会社だよな。だけど、本国のANSAは倒産したとの話をネット上で読んだからな(現在は英国で製造しているらしい・・・英国のマフラー会社がANSAの名前を買った・・と云う事だと思う)。

で、やっぱりBOSALが良いと思い断った。

・・・どちらが良かったのだろうかねぇ・・。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2014年1月 9日 (木)

マフラー・とりあえず溶接してもらった

Pokili 溶接するかエポキシで接着しようか迷っていて、先ずはどちらにも有効な錆び落としをする事にした。Paipu

Sotoana 金ブラシと不織布ヤスリで錆を落としていると・・穴が開いた。

思っていた以上に劣化したマフラーだった様だ。中古はだめだな~。

スーパースプリント製なのがダメなんだろうか?所詮米国製だもんな(後日談・イタリア製と判明・・なおさら悪い???)。

 以前ダウンパイプのフランジ加工を依頼したマフラー専門店に電話して、溶接を依頼してみたのだが断られてしまった。今はワンオフに特化している由。残念。

万策尽きた・・と、急に本業つながりで、近所に修理工場を開いている人の事を思い出し電話してみたところ、修理して頂ける事になった。

歩いてほんの3分程の所・・なんと、立派なリフトが2台も有り、ざっと見ただけだが機材も充実している。

安心して依頼し、2時間程で修理完了の電話を頂いた。

Kansei 「3日保てば良いですから」と依頼したが、いやいや、十分使える程に丁寧に修繕して頂けた。

あと10日程経てば補修新品マフラーが届くはずだから、その後は予備品として保管しよう。

いろいろ頼める工場がまた1つ、それも近くに出来た事に感謝と縁を感ぢる。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2014年1月 8日 (水)

リプレイスマフラーの個人輸入

前回書いた通りセンターマフラーパイプが遠位端で破断してしまったのだが、交換用マフラーの入手難で困っている。

ネット上にはB3用BOSAL社製リプレイスマフラーが未だにラインナップはされているが、実際発注しようとコンタクトすると、モノが無い。

確定納品はなんと3ヶ月先だと言う。

・・まぁ、なんとか溶接してもらって交換部品が入手出来る迄待つつもりではある。が、3ヶ月はナイわなぁ。

雪道はアウディ以外で出かけるつもりは無いので、そんなに待っていたら冬が終わってしまう(キューブも居るけれど、長距離はキツイのでイヤ)。

で、ネットサーフィンして探し回った。

純正:センターマフラー パーツナンバー:893 253 609B ・・当然ながら製造中止。

BOSAL :105-019 :80ドル

ANSA: AU 8105 ・・どうやら製造中止らしい。在庫限り?

STARLA:スエーデンのメーカー? AU8105 55347 70ドル

WALKER:Tenneco社の1ブランド?1万円位

Klarius:イギリス製? AU144A 1万円位

まぁ、名前も知らない会社でまだまだ製造されている事が判った。米国や英国などからの送料は5000~10000円位。

結局eBayでBOSALマフラーを購入した。送料は108ドルで本体より高価・・毎度のコトだよね。

国内で購入しても2万円位なので、個人輸入しても金額的には変わりはない。が、到着は7日後位だと云うからスバラシイねっ。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2014年1月 6日 (月)

雪の坂道・アウディ初敗北

今年初温泉に妙高・燕温泉へ出かけたのだが、雪道無敗のアウディが初めて敗れてしまった。

休暇村妙高・関山エリアを一寸超えた辺りの一直線の坂道が登れなくなってしまった。

道路に積もったパウダースノーの下は凍結していて全くグリップしない。

燕温泉はまだまだ先。無理に登ってもまたスタックする可能性が高い。

ハザードを点滅させるアウディの横を軽自動車やスバル、ランクルが何事も無く登って行く・・皆四駆なんだろうなぁ。

戦々恐々としつつバックで休暇村駐車場まで下がった。

宿に電話すると妙高スキーパークの駐車場に入れるやう指示され、しばらくすると若主人が迎えに来てくれた。

あの坂は四駆じゃないと無理との事。どうも予約の時に確認されたらしいのだが、予約をとってくれたのが先代女王様だったので「四駆ですよね?」を四輪共スタッドレス・・と勘違いしていたらしい。

ま、その後は何事もなく温泉を堪能したので・・全てはオッケーなのでした!!

因みに同行したキューブ(FF)もダメ。後から来た関温泉へ行くと云うコンパクトカー(FF)もダメでした。

ウチの四駆は軽トラ・・2人乗りしかないので、冬の家族旅行は無理だなぁ。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2014年1月 3日 (金)

新年早々

中央道を爆走中排気音に違和感が・・いきなり爆音に。

センターマフラー遠位端溶接部でパイプが破断。

幸いリアアクスルビームに引っかかってくれて、派手にマフラーを引きずるなんて惨事にはならなかった。本当に幸運。

・・しかし、行程がまだ300km程有る。

スピードを80kmに下げてチェーン装着場までだましだまし走った。

何時マフラーが落ちるか気が気じゃなかったです。

落ちていた番線でマフラーを括り付けて、まず、一安心・・大爆音だけどね。

そのまま暴走族仕様で300kmを走り切り、女王様のお城について緊急修理しました。

やっぱり中古マフラーはダメダメですね~。

・・おっと、今年もよろしくお願いします。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

« 2013年12月 | トップページ | 2014年2月 »