« 2台目がやって来ました! | トップページ | トランジスタクロックの清掃をした »

2013年11月 1日 (金)

オイルシール・・国産車用を流用出来るか?

以外な盲点?モノタロウで探してみた。

①089 409 085 D 26x38x6

注文コード:35363474

品番:T1252

型式:ADS-S

メーカー:トヨタ

パーツナンバー:90311-26003

26x38x6.5・・・0.5mm厚い

②089 409 529 D 38x54x7

注文コード:35360665

タイプ:RM(時計回りへリックス)

型式:UE

メーカー:ニッサン

パーツナンバー:13510-01B00

主な車種:マーチ

使用箇所:クランク

38x54x7・・・ジャストサイズ!!

③016 409 399 B 45x60x8

注文コード:35355844

品番:F6305

型式:UDS-9

メーカー:ミツビシ

主な車種:ミニカ

使用箇所:ハブ

パーツナンバー:MB109453

45x60x7,,10(ダブルリップ:1mm薄い

同じく016 409 399 B

注文コード:35355905

品番:F6313

型式:KDS-19

メーカー:ミツビシ

主な車種:ミニカ

使用箇所:カム

パーツナンバー:MR112693

サイズ諸元は、同上。1mm薄い

④同じく016 409 399 B

注文コード:33125267

品番:UE45609

型式:ダブルリップ

武蔵オイルシール

サイズ諸元:・・・W・・・・1mm厚い

他には見つけられなかった。

0.5mmとか1mm位だったら削ったり、打ち込み深度を加減すれば使える・・・の、カモ??未知の海外製品・・大陸製??等を使うより、よっぽどマシなのかも。因みにリップ形状については未検証ですので注意。

訂正:×010 409 399 B  ○016 409 399 B・・本文訂正済み。すまぬ。

オイルシールの技術資料を読み返していたら「シール交換時にはリップが同一箇所に当たらない様にするのが望ましい」の一文を「再」発見・・読み流してました・・まぁ当然なんですが・・リップ部摩耗は必然なので、当然と云えば当然。寸法的・機能的に合っていれば”厚さの差”は強力な武器になるね。

以上追加と訂正でした。                     '17.12.July

|

« 2台目がやって来ました! | トップページ | トランジスタクロックの清掃をした »

コメント

こんにちは。ネットをつらつら見ていたら最近ここに行き当たりました。
これは現物を取り寄せて計ったのでしょうか?ヘリックスって以前よくあった油を漏らさないようにリップについているシイタケの裏みたいなひだひだのことでしょうか。
見ていてなんか感動してしまいました。ぼくもときどき身の周りの物を修理をしたりすることがあります。

投稿: にゃあ | 2017年6月11日 (日) 01時39分

ども、ようこそいらっしゃいました。「へリックス」ご高察の通りだと・・思います。なにぶん素人ですので・・。

全て実際に取り寄せて計測しています。車もバイクも意外に特注品が多い事に気づかされます。

多分、おそらくですが・・産業用機器は汎用シールが使われる事が多い様な「気」がします。

できるだけ、なんとか、ほそぼそとジャンクなコトしますので、またおいで下さいませ。

投稿: paraiso | 2017年6月11日 (日) 08時17分

こんにちは。ぼくも素人です。メーカーも素人みたいな気がするけど,製品のライフサイクルが短くなってきているから素人っぽさって正しいマーケッティング戦略なんでしょう。
軸のリップの当たり位置が磨耗したら打ち込み位置を変えるように以前のいすゞのリパワー用などの用途もあるユニットの修理書などに書いてあるのを見たことがあります。紐シールで軸にスリーブとかを考えるとオイルシールってお手軽ですね。
ベンツは打ち込み位置で調節することなく当たり位置を変えるためにクランクシャフト周りとか別品番の物があることがあったと思います。サードパーティの部品だと工場出荷用のが来たりして閉口することがあります。そういうことをするヒトには説明しても大抵は理解して貰えないです。
へリックスってあんまり意味が無い気がします。NOKがへリックス無しのリップのそのよくあるオイルシールでもシールする流体がシールを境に入ったり出たり循環してシールしているということを言っていたと思います。そのころを境にへリックス付が少なくなっていった気がします。だから2つが隣り合うときの向きってユーザは考えても仕方が無い気がします。
ベンツなどは軸側にヤスリでへリックスにあたる筋をシール方向を考えて整備者が入れるようにという荒業を修理書に書いていましたね。へリックス入りのシールが出る前の頃ですよね。
最近は道路が舗装されて砂埃とかが少なくなってリップで軸がちびるって少ない気がします。そういう時代を経た個体はちびてますけど。ダンボールが普及してパンクが減ったみたいな感じかしら。
モノタロウで買う前に質問するとオイルシールの厚さとか教えてくれたりしますけど,問屋に聞くみたいで違っている事があります。結局,買ってからちまちま計るのが確実なんですね。

投稿: にゃあ | 2017年6月20日 (火) 19時33分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: オイルシール・・国産車用を流用出来るか?:

« 2台目がやって来ました! | トップページ | トランジスタクロックの清掃をした »