« 2013年9月 | トップページ | 2013年11月 »

2013年10月26日 (土)

パワーステアリングホースを改修した

893 422 893 AF・・パワステ高圧ホースと893 422 891 C・・リターンホースの改修を愛知県小牧市の杉田ラジエーター工作所に依頼した。

http://www.sgt-r.jp/index.html

噂に違わぬ迅速さと安価な工賃だった。素人の私にも親切に対応してくれた。

Size これは高圧ホース・・改修前。

ホース中央はホース内に有る脈動抑制オリフィスチューブを動かない様にカシメてある。

Photo ホースを切開してオリフィスチューブを露出させた画像を借用してきた(お借りします。有り難う)。

Kanryou 改修完了。今度パワステ関係をイジル時はポンプかラックのどちらかの時だねぇ。両方用意があるので、まぁ、大丈夫だと思う。

因みに2本でポッキリ1万円。安価だね~!!皆さんも依頼しよう!!

****補足・追補

オリジナル口金に刻印された「250Bar」はどうやら「口金の耐圧が250Bar」と云う事らしい。

オリジナルのホースは網入ゴムホース・・どういったって250Bar(25Mpa)に耐えられるとは思えない。

スギタラジエーターワークスにも聞いてみたが、同じ意見だった。

因みに今回補修に使ったホースはワイヤー入りの日本製。耐圧は14Mpa。安全係数は倍位とっているのか??

1Bar=0.1Mpa換算。

28/Oct.追補

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2013年10月22日 (火)

ガスケットセットが届いた

Cimg2833 荷姿

Cimg2834

Cimg2835 010 409 568

Cimg2836 Cimg2838

今回もデータのみ。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2013年10月21日 (月)

010 409 568

Automatic Transmission Pump seal

Genuine :010 409 568

SKF:16456

NATIONAL:3083

elring:249.173 (42X58/60X19/7 mm)

SIZE 42X58X19 (mm),,,1.65'x2.36'x0.75' (inch)

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2013年10月19日 (土)

海外からガスケット類は輸入しよう

ガスケットセットや単品のオイルシール、オーリングは海外から購入出来る。

支払いはPayPalに限るです。アカウントを持っていない人は早速作るべし!!小生は一度クレジットカード払いで1000円程余計に支払させられた事が有るンですよ!!。
安心安全なペイパルで支払いましょう。

今回はebayで087 496 007(5気筒用ガスケットセット)が49.19ドル・・約4800円で出品されていた(因みに日本までの送料は5000円!!げんなり)。

ピニオンシャフトオイルシール089 409 529 Dとトルクコンバーターシャフトオイルシール010 409 568はRock Auto社に発注した。各々600円、400円程だった。サイズがインチ表示なので面倒。

さらにサーフィンを続けている内にREINZ社のオイルシール(089 409 859 D)を空冷VW専門店のAIRHEADPARTS社が扱っているのを発見したので追加発注してしまった(約1500円)。

10月中に全部揃うとイイなぁ。

そうそう、小生のアウディは左ハンドルなので海外から部品を購入する時に悩まなくても良いので、楽です。

それと真逆に、イギリスから購入する時は面倒。楽だったのはヘッドライトリフレクターを買った時だな~。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2013年10月18日 (金)

オートマチックトランスミッションユニットの整備:データ編

オートマチックトランスミッションとディファレンシャルユニット整備に必要なガスケットセット

010 398 007 B(製造中止?) 
3速オートマチックトランスミッションギアボックス用ガスケットセット

このセットはオートマチックトランスミッションギアボックス内部用オーリング並びにオイルシールのセットだから、内部部品交換しないのなら要らないと思う。

087 498 007 A(製造中止?)
3速オートマチックトランスミッション・ファイナルドライブギアボックス用ガスケットセット

 どうやら純正は製造中止らしい。サーフィンしまくって探しまくり、入手したのはこちら。
087 498 007。同じ3速オートマチックトランスミッション用なのだが、これは5気筒用。純正は製造中止?

 4気筒との差違は以下の2点
①ディファレンシャル・ピニオンシャフトシール 
4気筒                                     5気筒
089 409 085 D  (26×38×6 )      087 409 085 B(28×40×7)

②タービンシャフトエンド・オイルシール
089 409 529 D(38×54×7)1枚     087 409 529 B(45×62×7)2枚

5気筒用の方がシャフトが太い。大トルクに対応しているのだと思う。

参考:各ガスケットセットに含まれるガスケット・オーリングのパーツナンバー
010 398 007 B
010 321 182                           8.3*2.4
010 321 385 B
010 321 371 B
010 323 487 B                         51.2
010 323 525 C                         71.6*80*5.6
010 323 487 C                         61.4
003 323 525 A                         97
010 323 533                           91*3
010 409 549 B                         200*205*3.5
N 028 201 2                           14*2.5
  087 498 007 A(4気筒用)
010 321 385 B
003 321 419 B
089 409 069
089 409 085 D                         26*38*6
087 409 133 C
010 409 259 A                         78*3
016 409 399 B                         45*60*8
089 409 529 D                         38*54*7
010 409 549 B
010 409 563 A
010 409 568                           42*60*19
089 409 637 A                         6*2
011 519 345                           83*3

  087 498 007(5気筒用。4気筒との差違は以下の2点のみ)
087 409 085 B                         28*40*7
087 409 529 B                         45*62*7

つづく

| | コメント (0) | トラックバック (0)

オートマチックトランスミッションからのオイル漏れ

VW製089型アウディオートマチックトランスミッションは、オートマチックトランスミッション・ユニットとディファレンシャル・ユニットの2つで構成されている。

今回のトラブル発端は「クサイ」。

 結構前から車庫床の油染みが気にはなっていたし、それよりも何よりも外気導入にすると「クサイ」のだ。右側フランジシャフト基部からATオイルが漏れていて、丁度真下に有るエキゾーストダウンパイプに垂れて油煙が上がりそれを導入してしまうからだ。

 主治医経由でヤナセに入院してフランジシャフト基部オイルシールとオーリングを交換してもらった(同時に行ったハブベアリング交換が素晴らしい結果をもたらしたので、オイル漏れなど些末な出来事になってしまった)。

 季節が巡り、窓を全開にして爽やかな風を感ぢよう・・と、クサイ!!。山の温泉へ行った時は盛大に油煙が上がり、発火の恐怖を感じた・・なんだ、全く直ってないぢゃん。原因が違うよ~。

つまるトコロ、フランジシャフトオイルシール劣化では無かったワケ。

 今回のヤナセメカニックの説明は「オートマチックトランスミッションとディファレンシャルユニット間にあるオイルシールやオーリング不具合に因りオートマオイルとデフオイルが混じってしまっている。結果、オートマオイルレベルが上昇しオーバーフローしている」との事。

数年前に内部パーツを含め”フルオーバーホール”しているのだがね・・。不手際が有ったのかなぁ。

ヤナセから「オイルシール、オーリングの一部が生産中止で修理不可能」との連絡が有った。

・・ええっ?素人の自分が調べてもゴルフやジェッタ、パサート、バナゴン、ポルシェ等に使われている部品なんですけど・・入手不可能なの??

プロの言う事に間違いは無いだろう。

海外から購入してヤナセに渡す事にした。一部のパーツはリプロやOEMになってしまったが、全てのパーツを揃える事が出来た。現在パーツ到着待ち。

データ編に続く。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2013年10月17日 (木)

アウディオンラインパーツカタログ(無料)発見!!

いつ無くなってしまうか判らないのだけれど、ネット上でアウディのオンラインパーツリストを発見した。

http://www.partscats.com/audi/jp/?i=cat_vag_models&brand=au&number=1396&

時間は掛かるだろうけれど、全部落としておいて損は無い。

いったいどう云うルートでアップされているのだろう??

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2013年10月 2日 (水)

抜け殻を再利用

MOの筐体・・抜け殻を再利用した。

ようやくSSDを本格導入。浮いたバックアップ用ウルトラATA500G4台も有るンだけど、困った・・。

大人気のGREEN HOUSE IDE/SATA→USB 2.0変換アダプタを購入してみた。

・・街のショップより安価に購入出来た(送料込みで1633円ですゼ!!)。

コレは使えます!!

玄人指向は3.0で電源同期が出来るけれど、500円は追い金が必要。ウチのマシンは2.0のママなので・・ね。

最初は裸族脚で使っていたけれど、やっぱりショートが怖い。

棚でオブジェになっていたMOを分解してケースに入れてみた。

Ide1
ネジ穴は規格みたいでピッタリでした。

Ide2ゴミに出さなくて良かった?の??

| | コメント (0) | トラックバック (0)

コネクタ修理を依頼された

コンセントでもそうだけれど、しっかり根本を保持して抜き差ししましょう。

・・このコネクタは樹脂充填も無く、手抜きが明らか。半田の質も悪い。

Conect1
接着が雑だったので分解は楽だったけどね。

Conect2

| | コメント (0) | トラックバック (0)

« 2013年9月 | トップページ | 2013年11月 »