« 荷物が還って来たっ!! | トップページ | TANAX(MOTO FIZZ)の対応が良くてオドろいた。 »

2013年5月20日 (月)

シームテープを貼り直した・・が、再処理が必要だった

数年前苦難の末ボトムを張り替えたEUREKA!ライジングサンだが、今度はフライのシームテープがどうにも見過ごす事が出来ない状態になってしまった。

5月のツーリングに先立ち、気になっていたテープの養生をしたのだが、全くダメダメだった。

何とか今回1回は雨漏りせずに済んだが、継続使用は全く不可。

シームテープの取扱説明書には「古いテープを剥がしてから張り直す」と書かれている。

が、古いテープを剥がそうとすると、ベース(ポリエチレン?)は剥がれるが、接着剤部分が布地に残ってしまう・・丁度両面テープの様に・・接着剤は残り、剥離紙が剥がれる様に。

今回は古い接着剤が残った上にシームテープを熱圧着してみたが、1回の使用で浮き上がってしまった。

ウレタンが加水分解している様だ。

たかだかフライ1枚なのに、剥がそうと思うと長大に思える。接着剤は一見パリパリしている様に見えて、その実ネチョネチョ。どうにも始末におえない。

Remove


ふと、剥離したテープを見ると・・おぉっ!ユリイカ!!

オリジナルのシームテープ・ベースが上手く剥がれて、接着剤のみ残っている部分に新しくKireinihagare


処理した部分は、シームテープこそ剥がれたが、古い接着剤ごとテープが剥がれている事に気づいた。

で、面倒だが2回シーム処理する事にした。1回は接着剤を剥がす為に。2回目が本チャン。

先ずは前処理・・古いシームテープベース剥がしを始めた・・爪が痛くなった上に2日間を要した。Origin

画像はオリジナルのベース。極薄く、剥がれにくい。残ったまま上に処理しても、接着せずに剥がれる。

Norinokori_2


残った糊をガムテープやコロコロで何処まで除去出来るか試してみるつもり。

続報を待てぇ。

|

« 荷物が還って来たっ!! | トップページ | TANAX(MOTO FIZZ)の対応が良くてオドろいた。 »

コメント

とても魅力的な記事でした。
また遊びに来ます!!

投稿: 送付状の書き方 | 2013年5月27日 (月) 14時59分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: シームテープを貼り直した・・が、再処理が必要だった:

« 荷物が還って来たっ!! | トップページ | TANAX(MOTO FIZZ)の対応が良くてオドろいた。 »