« シーブピッチ円直径とロープ径drの比 | トップページ | 断熱膨張 »

2013年3月13日 (水)

GS-109

○ら×-ど社製FMトランスミッターGS-109を激安店で購入した。

予想を裏切らず、ノイズがヒドイ物だった。大1コインだったからねぇ・・。

早速分解改造した。

Cimg0648_3原因はUSB用5V(公称)電源のノイズ混入。

USB出力だけの為にDDコンバータIC・MC34063Aが使われていたが、コレを完全に除去して乾電池6Vをバラックで接続し試験した。結果は良好、ノイズ相当減少。

Cimg0649_5

ATMEL920はフラッシュメモリ?EM78P153SNJは8bitCPU?

13.5Vを3端子7330-Aで3Vにレギュレートし、システム電源としている。重複するが、USB用DDコンバータを除去すれば音質は改善する。

GFT808は1チップFMトランスミッタIC。データは此処から。

http://www.epartshub.com/aspadmin/seriesForm.do?method=getAspSeriesDetail&builder=Y&type=S&lang_flag=JP&classNm=+&classCd=CLS0002750&cmpyCd=00006158&seriesCd=SR0016240&seriesNm=GFT808&parentCd=&bottomFlag=N&partsCnt=0&domainName=www.gain-tech.com

3V9mAで動作。8ピンがRF OUTなので○○すると更に良くなると思う。

しかしコレ手半田ぢゃね?

・・・有る意味すげ-や

|

« シーブピッチ円直径とロープ径drの比 | トップページ | 断熱膨張 »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: GS-109:

« シーブピッチ円直径とロープ径drの比 | トップページ | 断熱膨張 »