« 何故バッテリーは走行中にお亡くなりになってしまったのか・完結編 | トップページ | TOSLINKモジュール入手難? »

2013年1月30日 (水)

長いHDMIケーブル

リフォームに併せてデカイTVを購入したので壁付けにしようと画策した。

PV管は2Cmφ程度を入れてもらったので大丈夫だと思っていたが甘かった。

これからホームシアターを考えているヒトは出来るだけデカイPV管を入れてもらうやう進言する。

で、実際は2CmφでもなんとかHDMIケーブルは通る。が、規格上5m迄しかない。

ソニーやパナは10mを売っているが、ビックカメラで値段を聞いてたまげた。2万円。

マニアな方は更に高価な品を買われると云う。

或いはエクステンダーなるガンダムに出てきそうな商品をお買いになるらしい(増幅器ですね)。

また、信号規格がほぼ同一のDVIケーブル+変換コネクタを使われる方も居ると云う。

ケーブルそのものに増幅器が内蔵されたモノもある(USBと同様+5V線が有るのでそれを自ら使う)。

小生が必要とする長さは約7M。滅多に売っていない。さてどうしよう。

電気街をうろついてコネクタ単体を購入してきた。1個150円。

ノムラ無線で聞くと、半田付けが難しいなんて言っていたけれどCPUどころぢゃないQFPの張り替えまでする小生にとってはどうってコト無い。

半田が高周波に悪影響・・なんてアホなコト大まじめで議論している方々も居る。良く判らないが、写れば良いのだからなぁ。

圧着やスポット溶接なんて書いてあるけど、そこまで言うなら導線からコネクタまで一体成型にするか切断して基板に半田付けした方が良くね?

オーディオに○○ってるヒトがRCAプラグぶった切って半田付けしているのを見たコトがあるけどな。果たして何処まで良いの?

Photo2


ピンイラストはメス(受信側)だから注意するコト。

|

« 何故バッテリーは走行中にお亡くなりになってしまったのか・完結編 | トップページ | TOSLINKモジュール入手難? »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 長いHDMIケーブル:

« 何故バッテリーは走行中にお亡くなりになってしまったのか・完結編 | トップページ | TOSLINKモジュール入手難? »