« ぱらいそへのみち | トップページ | 何故走行中にバッテリーはお亡くなりになってしまったのか:その壱 »

2013年1月15日 (火)

バッテリーの寿命が突然尽きてしまった

大雪に見舞われた松本市街、往来の真ん中で立ち往生してしまった。

「ああっ?!」と思った時にはエンジンはため息の如き音を発し・・メーター照明は幻の様にまたたき・・エンジン停止。キーをひねるもスターターから「カチン」もせず。

バッテリーは正規輸入のボッシュシルバーバッテリーSL-7H、使用期間はほぼ正確に3年。

一日おきに40Km(8割は高速)を走行。バッテリー過放電事故経験はなし。

親切な方にジャンプしてもらい再始動は直ぐに出来たのだけれど、走行しようとすると全く駄目。

セルが短絡したもよう。

オルタネーターが正常でも「蓄電機能」が破壊されると、電流が足りない→走行不能・・だと云う事を初めて知った(オルタネーターが正常なら走行可能だと思っていた)。

JAFに電話するも「今日だけで1000件以上のヘルプコールが有り「「本日中」」の救援は無理」なんて言われて、途方に暮れました。

・・が、ジャンクなぱらいそは・・容量だけ合わせた国産/ホームセンターブランドのバッテリーをむりむりやりやり装着して、無事、帰還を果たしました。

唯一の誤算は、バッテリー高を考慮しなかった事。ボンネットラッチが片方掛からず、何時開くか心配しながらの走行になった事。

若干ボンネット裏にプラス端子が接触しそうで、プラ袋+折り畳んだ新聞+古タオル+ガムテープで絶縁すると、閉まらなくなってしまったのです。

あの時助けてくれた方々、本当に有り難うございました。・・若い人ばかりだった。ぢぶんと同じ位のおっさん、おばさんは笑って通り過ぎるだけだった・・小生は困っている車が居たら、これからも助ける事を此処に宣言しますっ!!!

|

« ぱらいそへのみち | トップページ | 何故走行中にバッテリーはお亡くなりになってしまったのか:その壱 »

コメント

ご災難でした。ボッシュタイマーは健在ですね・・・
同じく何回かやられてます。

投稿: バスケス | 2013年1月17日 (木) 07時13分

ボッシュタイマーって云うのが有るんですね。初めて聞きました。ソニータイマーと同義ですね?。

バッテリー不具合はこの25年間で2回目です。・・ま、ヤナセに出してた頃は車検毎に強制交換されてましたから正確には15年間に、かな。

 別掲示板に書きましたが、どうもオルタネーターも具合が悪そうです。ベアリング交換とスリップリング切削、ブラシ交換を1度ずつしたオリジナル個体なんですが、さすがに寿命かもしれません。

先ずは予備品と交換してみます。

 そうそう、レギュレータのみ入れ替えても駄目だったので、本体ダイオードのトラブルかもです。ボッシュ専用診断機で、充電電圧が低すぎる・・との診断が出ました。

投稿: paraiso | 2013年1月17日 (木) 09時56分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: バッテリーの寿命が突然尽きてしまった:

« ぱらいそへのみち | トップページ | 何故走行中にバッテリーはお亡くなりになってしまったのか:その壱 »