« 機動戦士ガンダムF91 クロスボーン・バンガード:読了 | トップページ | アウディと北海道ツーリング:4日目のおわり »

2012年8月17日 (金)

アウディと北海道ツーリング・続・続・アクシデント

時系列を少し戻そう・・

修理工場を探して北見国道を何度も行き来したのだが、ホリデー車検北見にたどり着く前、相内辺りで一段と異音が大きくなり・・「キィ~~ィッッツツツ・・・カン!」と、乾いた「カン!」音を最後に異音が止まったのだった。

再び時系列をホリデー車検北見に戻そう。

  アウディの番がまわってきた。ボンネットを開けてベルト類を確認したり、電灯で細部を確認してくれた。その後リフトアップし、ハブ辺りを念入りに確認してくれた。

で、上述の乾いた「カン!」音を最後に異音が止まった事を話したところ・・・「それはブレーキバックプレートとホイールの間に石が入った為だね」と診断してくれた!

あぁ良かったっ!自分でも音が止まった時点で機械的故障では無いのでは無いかと薄々は思っていたのだけれど、専門家の意見も聞く事が出来て本当に安心した。

ホリデー車検のメカニックによると、一部の外車はバックプレートとブレーキの隙間が狭く、冬季スリップ防止の為に小石を撒布する事も有る北海道では比較的多い事例なのだそうです。

実は過去にも同じような怪音に悩んだ事が有るのです。

2009年兜沼公園でキャンプした後、稚内国道を快走し始めた途端・・「カラカラカラ~~」と云う、アルミのお盆を鉄棒に刺して廻した時の様な音がしたのです。

急ブレーキで停まった後も数秒間は音が続いていましたが、確認しても異常は無く、その後に異音も無く、長い間「謎の怪音」だったのです。

思うにその時はホイールとバックプレートの間で小石が躍っていたのだろうね。

 「診断料は不要です。安全運転で旅を楽しんで下さい」主任?メカニックが予想外の事を言い出した。曰、「タイヤも外してないし、目視しただけだから」。

さすがに申し訳なく思い、ほんのお茶代だけ無理矢理押しつけてホリデー車検を後にした。

アウディも僕も安心して旅を続ける事が出来る様になった!!

有り難うホリデー車検北見のメカニック!!感謝してます。

つづく。

|

« 機動戦士ガンダムF91 クロスボーン・バンガード:読了 | トップページ | アウディと北海道ツーリング:4日目のおわり »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: アウディと北海道ツーリング・続・続・アクシデント:

« 機動戦士ガンダムF91 クロスボーン・バンガード:読了 | トップページ | アウディと北海道ツーリング:4日目のおわり »