« アウディと北海道ツーリング・続・続・アクシデント | トップページ | 劣悪環境でリードタイプ電解コンデンサは潮を吹くか? »

2012年8月21日 (火)

アウディと北海道ツーリング:4日目のおわり

 トラブルが発生したのは8時一寸前で、確認作業が終了したのが10時半過ぎ。2時間以上時間を費やしてしまったが、安心には代え難い。さあ、旅を続けよう!

 北見の街を抜け334へスイッチ。後は真っ直ぐ東へ走るだけだ。

Raiun0


 斜里にはもう一つ因縁の地が有る。それは「来運公園」。5年前、3年前にもたどり着こうとしてもたどり着けず、3年前などは1時間もウロウロしたのにたどり着く事が出来なかった小生にとっての「謎の泉」の1つ。

 今年こそは来運公園の泉へ到達するぞっ!!・・なんて気負って車を進めたのだけれど、な・ぜ・か・今年はすんなりたどり着く事が出来た。ナゼ?なぜ?何故なの???Raiun1


いのいちばんに来運神社へ参拝し、アウディの軽症をお礼をし、今後の旅の幸運を祈念した。それから清水を堪能し、空きペットボトルへ泉水を頂きRaiun2
ました。

泉水をふんだんに頂けるのも北海道キャンプの醍醐味だよねっ!

腕や顔を清めて、さて、次なる因縁「根北峠」を制覇するぞ。

 あの日と全く違う様相の国道244を走る・・あの日は辺りを見る余裕なんて全く無かったし・・敗れて引き返すむなしさと、灰色の風景、雪みぞれの荒涼とした針葉樹しか覚えていない・・と、コンクリートの橋梁だ。

Hashi


「越川橋梁」旧国鉄のアーチ橋。開戦直前に建造されたコンクリートアーチ橋。(ほんの少し)鉄っ気が有るので、興味深く観察。一度も軌道を敷かれる事も無く、当然汽車も走る事は無かったのだろうが、ふと、重連のSLが驀進する様を想像した。

 因縁は切れた。
Nehoku1


Nehoku2


小生は根北峠を制覇した。辺りの風景から考えるに、2009年のあの日は実は峠なんてとんでもなく、ずっと麓辺りでリタイヤしていた様だ。あの日はあれで良かったのだろう。だから今日のこの日が在るのだから。

・・・今日は疲れた・・休息日にしよう・・さて、何処に泊まろうか。定宿の別海ふれあい公園か?中標津森林公園か?和琴半島か?クリオネまで戻るか・・そうだ、尾岱沼にしよう!

決まれば早い。道道975へスイッチ、中標津へ。コープで買い物。今日は鉄板(フライパン)焼ぢゃ。買い物後は釧路国道→994→フロンティアロード→尾岱沼へ。Odaito1

Odaito2





Odaito4


早速テントを張り麦酒タイム・・あぁ、今日はいろんな事があったな~疲れたよ・・。休憩後、Seasidehotel


尾岱沼シーサイドホテルで温泉だ。

温泉後は、鉄板焼きとサッポロクラッシック!!うま~い!!国産柳葉魚と上バラ肉。〆は冷凍ユッケジャンクッパ!!!ビールうまっ!カルロロッシそこそこうまっ!!

Odaito3_2


水平線と空が曖昧になってゆく凪の尾岱沼と軽症で済んだアウディをサカナに今日もヒトリ飲酒の夜は更けて行くのであった。

本日の走行距離・・325Km・・色々あったからね。気疲れしました。このくらいが丁度良いのカモ。
Soko

つづく

|

« アウディと北海道ツーリング・続・続・アクシデント | トップページ | 劣悪環境でリードタイプ電解コンデンサは潮を吹くか? »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: アウディと北海道ツーリング:4日目のおわり:

« アウディと北海道ツーリング・続・続・アクシデント | トップページ | 劣悪環境でリードタイプ電解コンデンサは潮を吹くか? »