« 2012年4月 | トップページ | 2012年6月 »

2012年5月29日 (火)

アウディと北海道ツーリング:2日目 昼~夜

 ホテルの駐車場で準備をしているバイカーに挨拶をした。天気予報を見て雨を避ける予定だと云う。

 苫小牧から余市へは高速を使えばほぼ直通なんだけれど、それぢゃツマラナイ。国道で行こう。支笏湖-喜茂別-京極で水を汲んで-倶知安-余市・・ですな。

 Nikka


何時からか判らない位前から余市・ニッカで限定販売してる原酒を購入する事にしている(昔は試飲もさせてくれたね)。店と自分自身へのお土産でもある。

 初めて訪ねた日の事は良く覚えている。平日で、ポットスチルに火が入っていて、余市駅前で既にピートの香りがあり、ものすごく興奮した。「おォさすがニッカ、空気までウィスキーの香りだ」なんてネ。因みに小生はラガヴァリンやラフロイグが好きです。

例年通り3種類購入して、リンゴジュースを2杯頂き、ぢゃ、また来年。

 Kakizaki


今年の柿崎商店は空いていた・・少なくとも小生が入る迄は。帰る頃には・・何時も通りですね。店舗はまた改装されていて、車庫みたいだった所も室内?になってました。切り昆布の袋詰め購入指令ミッションコンプリート。8袋位購入しました・・バイクの時でもサイドバックを拡張させて購入して行きます。大概最終日だし、軽いからね。

 名水公園のカタクリは散ってしまったのか、或いは開花がまだだったのか、はたまた絶えてしまったのか?

 Kyogoku


湧き出る水の勢いもさることながら、大陸の方はパワーもスゴイですねぇ・・ささっと水を汲んで、さよーなら。行動中は出来るだけ湧き水で済ます様にしてます。なにしろ開場したばかりのキャンプ場の水って云ったら、一発で貧血が治っちゃう位ですからね。

5号線から337-231へ。雄冬辺りってなんで何時もガスっぽいんでしょうね。
遙か彼方に風力発電機が見える。苫前のキャンプ場も良いけれど、四輪だと料金高そうだし・・今日の泊地は・・初山別に決めた。夕日に間に合うと良いけど。

・・間に合いました。みさき台公園キャンプ場。無料だしキレイだし、温泉だし、云う事無し!

Syosanbetu


シーズンオフなので好きな所に張れる・・最高っ!!

Rakuyo


何時も通りのサッポロクラッシック・・嗚呼っ・・サイコゥ!!

一本、また一本と沈む太陽を肴に空き缶を増やして行くのであった。Classic

2nichime


本日の走行距離:419km・・走りすぎです。

つづく

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2012年5月26日 (土)

アウディと北海道ツーリング:2日目:朝

 北海道は高校生の頃から縁が有り、渡道回数は観光も含めると30回位になるのかもしれない。

 オートバイで北海道を巡る様になり、いつ頃だったか忘れたが「沿岸の道全てを走破」の誓いを立てて、完遂したのが3,4年前だったはずだ。

 この15年程の間に、行かなかった/行けなかったのは新婚旅行(スペインへ行き先々のバールでビールとワインを飲みまくった。わずか8日間だったが、むちゃくちゃ楽しかった。また行きたい。)の時と、義母が足を骨折した時の2回だけ。

「何故君は北海道ばかり出かけるの?」と、良く聞かれる。・・何でだろうね。良く判らないけれど、結局は「人付き合いが上手く出来ない性格」ぢゃないかな。一人で、自由に、行きたい所へ、行きたい方角へ行き、自分で選んだ場所にテントを張り、酒を飲み、食事をして、そして眠り、また起きて、次の泊地へと。

 スナフキンにはなれないけれど、虫も人も居ないゴールデンウィークは、たまには孤独好きになる小生には居心地が良いな訳なんだね。

Hotel


ルートイングループの良い所は、大浴場と無料朝食かな。好みの枕が選べたりするしね。 朝食が6時からだと、尚良いのだけれど。

 朝食を食べながら天気予報を見ていると、道内は若干天気が良くないらしい。バイカーには申し訳ないけれど、四輪だから心配してないけど。

・・・さて、何処へ行こうか。今回の旅の目的は1つしか決めていない。エスカロップだ。ゴールデンウィークに良いキャンプ地が開いていない根室地区は時間が合わず、今まで一度もエスカロップを食した事が無いのだ。

 限られた時間の中で道東へ進行するのは結構リスクフル。深夜に出航する敦賀行きフェリーでギリギリ一杯走ってきて、ジャケットも脱がずに寝棚に倒れ込むバイカーを今迄何度も見てきた・・もう蒼く無い小生には真似の出来ない事だ。いや、やりたくても出来ないだろう・・蒼い人々よ、自分の信じる方角へ奔れ。それが許されるときなら。

 苫小牧→小樽~日本海ロード~泊まれそうなトコまで行ってみよう。

出発だっ!

Sheel


こんなシールを作ってリアに貼ってみたが、誰か声を掛けてくれるだろうか?

 ・・・つづく

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2012年5月21日 (月)

金環日食を観た

Kinkan

最大食の時は薄雲を透かして観る事が出来た。

Cimg2093

その後雲が切れ、ブラインドの隙間からはこんな投影像が観察出来た。

 皆さんの居住地では観る事が出来ましたか?

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2012年5月17日 (木)

アウディと北海道ツーリング:1日目

 いつもは道南バス・緑町郵便局前で降り、トイ面のプリンスホテルにたむろって居るタクシーをつかまえてフェリー埠頭へ行っていたのだが、昨年末にプリンスホテルは廃業してしまった。おそらく、たぶん、きっとタクシーはもう居ないと想像したので、今年は手前のイオンモールで降り、そこでタクシーに乗る予定だったのだ(チクショウ、飛行機が遅れるなんて!)。

 十数回の渡道で苫小牧駅に行くのは初めてだった。・・なるほど、プリンスホテルが廃業した訳が判った。あんなホテルが出来ていたとは。

 予想に反して駅からフェリー埠頭へはスムースかつ安価に行けた。もしかしたらプリンスホテルから乗るより速くて安かったのかもしれない。

 勝手知ったるフェリー埠頭へ到着したのは20時を少し過ぎた頃だった。アウディは・・1.5日前に到着して待っている。

自動ドアをくぐり、とんとんと階段を下り、太平洋フェリーの窓口へ。そりゃこの時間だ、閉まっていて当然・・ん?何かがおかしい・・ドアをノックしみる・・?・・??・・・!・・・!!!!も、もしかして・・無人

 港側からのぞき込んでも確かに無人。オォまい仏陀っっ!!どぅするゥ!!

 辺りをうろうろぐるぐる歩き廻り、係員が居て受け付けして居る商船三井フェリーの受付嬢に確認したが、やはり「夜間は無人」なのだそうだ・・困った「受け取りにサイン出来ないぢゃん」。

こんな事もあろうかと」バイクツーリングの時から必ず「スペアキー」を持参して居るンだよね。ハッハ~無問題、無問題。勝手に乗ってっちゃうモンね。

・・・さすがに大人なので、書き置きを書いてドアの隙間から押し込んでおいた(盗難されたと勘違いされて大騒ぎになったらマズイ)。明日出勤して来た誰かが発見してくれるだろう。

Cimg1744


そんな訳で、何の問題も無く、すらすらと、予定通り、スムースに、物事は進行し、小生とアウディの2度目の北海道ツーリングは幕を開けたのであった・・・あり?結局運が良かった・・のカモしれないね。

 1日目はコレも初めての経験なのだが、ホテルに泊まった。苫小牧駅直ぐ側のルートイン苫小牧が今日の宿。チェックインして早々に街へ。平日だが・・土曜日だよ。寂しいねぇ。

Cimg1756


今日は外食、居酒屋だ。おぉ、道産柳葉魚美味。Cimg1752


ごろ焼き美味。Cimg1753


お酒も美味だねぇ・・もう一杯、もう1合だけ・・と、苫小牧・ホテル泊の夜は暮れて行くのであった。

本日の走行:7km

つづく。
 

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2012年5月15日 (火)

アウディで北海道ツーリング:いんとろだくしょん

 昨年はアクシデントで北海道ツーリングを見送る事になってしまったのだが、ぢつは今年も危なかったのだ。

GSXR250Rは未だに腰上を分離/分解したままなのだ。件の「タペット表面とタペットホルダ?」の表面剥離対策が完了していないのだ。

摩耗と剥離についてはこのページが詳しい   :     http://web.kyoto-inet.or.jp/people/macchann/hiroshi/masatsunobunnrui.html

・・GSXR250Rの事例では間違いなく経年劣化・・消耗なんだろうなぁ・・街中でも平気で1万回転まで回しちゃうからね・・イヤ、その分オイル交換にはすごく気を遣っていて、重いオイルを3000KM毎に交換していたんですよ、これでも。

 ま、6万㎞ですからね(ヲイヲイ、アウディはもうすぐ24万㎞ですよ)。

・・そんな訳でGSXR250Rは部品取りエンジンを開けなきゃな・・ってトコで止まってるンです。下手すりゃ部品取りの方が程度が良かったりしてね。色々悩む訳なんです。

 で、今回もアウディで出かける事にした・・仲間の制止する声を聞きながら。

 仕事の嵐の中を、むりむり、やりやり、はらはら、しながらかいくぐって車をフェリー会社に預け(無人航送)、むちゃくちゃ、あせあせ、ばりばり、と準備をして、どきどき、わくわく、ばいばい、と4月28日午後の飛行機に乗り込んだ。

 Cimg1740


初日からツイてない。いや、そんな事は無い。○○が上手く途切れて受け付けが終了してくれただけでもマシだったのかもしれない。が、機体回送トラブル?からか出発が延び、結果千歳到着が30分も遅れたのだ。北海道の公共交通機関は割と貧弱で、小生が乗ろうと思っていたバスはとっくの昔に出発済み。飛行機が遅れたからって待っていてはくれない。次のバスは・・1時間後。

「なんで飛行機が遅れるんだよぉ、予定時刻に着きそうに無いなら途中をチョイとスピードアップして飛べばイイぢゃん!!」とさんざん悪態をつき(ココロの中だけ)、どうしようか考えた。

「こんな事もあろうかと」思考試行しておいたJRを使うことにした・・運賃が倍(1200円)掛かるんだよね。

 Cimg1741


都合良く特急に接続する列車が有り、なんて事も無く苫小牧駅に到着した。予定より1時間は遅れていたけれど・・・なんだ、結局は運が良かったのかもしれないね・・と、その時は思ったのだ。

つづく

| | コメント (0) | トラックバック (0)

« 2012年4月 | トップページ | 2012年6月 »