« MEYLE(マイレ)パーツを海外で購入するなら | トップページ | ウマ架け2.9日目 »

2012年4月16日 (月)

劈開と金剛石

仕事中に、こっそり、ひそやかに、しめしめとネットサーフィンしていたら同居人が突然現れてアタフタ。

同居人の手には京セラソルト・ミルとモンゴルの岩塩。

細かくして補充しろとの強制命令が下された(仕事中なんですが・・)。

岩塩は金槌でたたき壊すのは間違い。粉末(ではないが)になってしまうだけ。

Photo


岩塩は塩化ナトリウムの結晶でありますので、劈開性(へきかいせい)を持った結晶なのです。

Photo_2


劈開面に対して平行/直角に(今回はステンレスニッパー)鑿を当てれば劈開面に沿って簡単に割れてゆく。希望の厚さになったら90度廻して割れば、どんどん本来の塩化ナトリウムの結晶・・小さな立方体になってゆく。

岩塩の劈開面は小生が刃を入れるまでは1億年?前の空気や雰囲気がそのまま含まれていた訳で、全く浪漫を感ずる。

同居人に劈開や付随する浪漫について説明したが、格別興味はわかなかったようだ。

・・例の高価な炭素結晶も実は劈開性を持つのだが、やぶ蛇になるとマズイので例として取り上げなかったのが不興を招いた原因かもしれない。くわばらくわばら。

|

« MEYLE(マイレ)パーツを海外で購入するなら | トップページ | ウマ架け2.9日目 »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 劈開と金剛石:

« MEYLE(マイレ)パーツを海外で購入するなら | トップページ | ウマ架け2.9日目 »