« 悔恨のブッシュ交換 | トップページ | ウマ架け2.5日目:データ »

2012年4月10日 (火)

悔恨のブッシュ交換:ウマ架け2日目

--現場は混乱を極め、記録データの殆どが損壊を受けた。残された画像は少ない--
 
 

Cimg1700


Cimg1701


スタビライザー・バー両エンドにはiボルト状に穴が有り、そこにブッシュが嵌め込まれる構造になっている。

 Bush1


穴の直径は2cm。対するブッシュ径は・・3cmもある。ゴムの厚さは9mm・・どうやって挿入するの??

 Bush2


指で力一杯つまんでも変形こそすれ圧縮する事は不可能なので、人力での挿入は不可能。工具は万力とズンギリボルトとナット、各種コマのみ。事前のぶれいんすとーみんぐではこれ等で挿入可能・・なハズであったが、事実は冷酷であった。

 直径方向に圧縮しつつ垂直に挿入する・・コマ押し、ズンギリボルトナットでの押し込み/引き込み、いずれも失敗に終わった。2cmの穴に3cmのモノを挿入するのは不可能では無いのか??

 小生は悩んだ。頭部を覆う糸状ケラチン質を引っかき回し、主に頭頸部に存在するエクリン腺からは大量の分泌物を排出した。腋窩からは更に冷やっこい分泌液と背側肩甲骨間をツツーと流れ落ちるイヤラシイ液体っ!!・・・わたしゃベムか・・・と云う位悩み困った。

 人間と云うのは窮すると何をしでかすか判らない・・と、正気に戻った今なら言えるが、恐ろしい事を実行してしまった・・バーエンドとゴムを直接万力で挟み込み、ぐいぐい締め込んでしまったのだっ!!ぉオなんてコトをしでかすのだっ!!Photo


左図:挿入模式図

 バーエンドとゴムと部品を製造したアウディと愚行を繰り返す自分自身に対して恐ろしくもおぞましくなおかつ端から観ると笑止千万な呪詛を延々と繰り返しつつ、ぐいぐいぐいぐいぐいぃ~っと!!

 ォお?一寸嵌り込んだみたい??   すかさず先の鈍ったマイナスドライバーをぐいっと突き立て、縁をめくり上げた。おぉ?!大物ぢゃっ、だが針が掛かってしまえばコッチのもんぢゃ、年老いた漁師なら思った・・かもしれない。

 万力のジョー(脇見をするなっ・・ほら、挟まれたっ!)を開け閉めしつつ、ドライバーでいぢめまくった・・その時の小生の顔を観た者が居たとしたら、おそらくは直ちに心停止につながったであろう。

正気に還ると、おぉ、神仏の加護かとても入るとは思えなかったアナに見事にナニが嵌っているではないですか。

 小手先だけの技巧とブレインストーミングではナニも進まぬ・・事実をもののみが真実を語る資格が有るので

・・因みに小生は茄子が好き。

|

« 悔恨のブッシュ交換 | トップページ | ウマ架け2.5日目:データ »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 悔恨のブッシュ交換:ウマ架け2日目:

« 悔恨のブッシュ交換 | トップページ | ウマ架け2.5日目:データ »