« パワーステアリングホース交換 | トップページ | 遂に禁断の領域へ侵入してしまった »

2012年3月23日 (金)

パワステホース交換でのアヤマチ

丸一日放置プレイの後、定法に則りエア抜き操作を繰り返した。

その後エンジンを始動しエア抜きを続行しようとした・・が、タンク内には再び微細な泡が発生!!何故だっ!!!???

・・再びインターミッション・・

翌日・・

アウディはエア抜きが困難な機体なのか??

やむおえず、しぶしぶ、いやいや頭をひねり、しばらくして「ユリイカ!」。真空引きをすればよろしい。

適当な栓を見繕いリザーバータンクに装着し、真空ポンプに繋いでラインの真空引きをしつつ、エア抜き操作を行った。

ええっ???真空が上がらない。何故??リザーバータンクで「ぽこぽこ」云ってるよ??

サクションホース側ホースバンドが緩んでましたっ!!

Cimg1687


リザーバータンク/サクション側外径φ15mmに対し、入手出来たホース内径はφ15.9mm。

意外に硬く、手の感触では0.45mm(円周上)を押し潰し切れていなかったのであった。

注意して増し締めし、完治。

その後のエア抜きはほんの数分で終了した・・ほんと、おバカぁ。

ホースの入手先はこちら

http://hosegarage.com/html/1.html

型番はPA0310

Cimg1688


リターン側は外径φ10mmでPA0306がピッタリです。

Cimg1689_3
そうそう、リターン/サクション両方共に金属スリーヴが挿入されているので「そこそこ」の圧迫には耐えられる・・はずです。締め過ぎ注意ですね。

Cimg1689

パワステフリュードはUG004000M2。G002000から変更になったもよう。ヤナセで1L/2730円。専用品のみ使用の事。ATF流用は不可なので注意。

24/03/2012:記事訂正・追加:リターンホースをフィードホースと誤記訂正。パワステフリュードについて追記。

|

« パワーステアリングホース交換 | トップページ | 遂に禁断の領域へ侵入してしまった »

コメント

ほんと、何でも屋ですねえ。
僕の神経症も治して( ´艸`)プププ

投稿: maverick | 2012年3月24日 (土) 23時06分

Sりん、久しぶり。一緒に作業すっかぁ?因みに今は「プレス」が欲しいです(プレステちゃうでぇ)。
・・そうだな小生からの指示は「良く寝る」事だな。
読んでてくれてアリガト!またな~。

投稿: paraiso | 2012年3月25日 (日) 09時00分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: パワステホース交換でのアヤマチ:

« パワーステアリングホース交換 | トップページ | 遂に禁断の領域へ侵入してしまった »