« 新年あけましておめでとうございます | トップページ | ファンヒーターの修理 再び »

2012年1月12日 (木)

フューエルディストロビューターリペアキットが届いた

結構高価でハズレだったらイヤだなと思っていたリペアキットが届いた。

見た目、さわり心地、ニオイ、味(うそ)は問題なさそう。

大陸製は見た目からダメダメだけれど、さすがは和蘭製、イケそうな・・気がする。

Cimg0843


荷姿

Cimg0845


オーリング

Cimg0846


メンブレン全体図

Cimg0847


アップ

Cimg0850


更にアップ。端部に繊維状ほつれ有り。単なるゴム膜ではなく、コンポジット素材で有る事が判る。(見た目は)ちゃんとした製品の様に「思える」。

注意:フューエルディストロビューターは本来非分解パーツです。僅かのズレやゴミで不具合が起こる可能性が有ります。前回は解説しませんでしたが、メジャリングバルブ・シャフトには突き出しサイズ規定値が有ります。ロックナットを外し分解する前に突き出し寸法を測定する必要が有ります。・・・ってか、触らぬ神にナントやらですよ。ホントに。自分で書いててナンですが。

締め付けトルクも何も情報が無いので全てが「壊す」前提ですね。

|

« 新年あけましておめでとうございます | トップページ | ファンヒーターの修理 再び »

コメント

これは使えてます。
自分の車はこれで修理して動いてます。
只し、スリットメーターの部分は分解しない方が一層
触らぬ神に祟りなしと思われます。
耐久性は分りませぬが・・・(汗

投稿: バスケス | 2012年3月25日 (日) 10時20分

小生は「お守り」として保存中です。

スリットメーター分解・・メジャリング・バルブの分解ですね。突き出し寸法が型式によって異なりますね。3A/JN/SD/DZはボディから6mm,6A/AAD/ACEは8mmです。

オーリング装着時に使う潤滑剤には「ワセリン」を推奨します。

シリコングリスを使うと酸素センサーに悪影響を与える「可能性」がありますので。

また情報上げて下さいね。ではでは~。

投稿: paraiso | 2012年3月26日 (月) 09時36分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: フューエルディストロビューターリペアキットが届いた:

« 新年あけましておめでとうございます | トップページ | ファンヒーターの修理 再び »