« 悩むと時間が短縮するのか? | トップページ | PC-AE50Mの修理をした »

2011年12月19日 (月)

ヘッドライトレンズ刻印の意味

ベンツのリフレクターメッキが剥がれてしまい光軸が合わないとの指摘がショップから有ったので、心配になりアウディも調べてみたが、早急に交換を要する程の劣化では無いようだった(23年の間に左右共1回ずつ新品に交換している為)。

レンズやリフレクターには刻印やシールが貼ってある。その意味は以下の通り。

Cimg0327


E1:ドイツで保安基準をパスした、HCR:ハロゲン電球切り替え式、H4:H4タイプ電球、A:ポジションランプ・ドイツで保安基準をパス。

最も重要な「→」:左側通行用。小生も最初悩んだが、正面から見て→は左側なんですね。

リフレクターに有るシールも同様です。正面から見てどちらかかを判断の事。

Cimg0329

Cimg0332_3


何故このヘッドライトユニットを在庫しているかと云うと、画像の通りメッキを剥いでしまったからなんですね。

曇っていたので東レ・トレーシーで「ほんの一寸」と思い拭いた所、あっと云う間にメッキをこすり取ってしまっていたのでした。10年程前だったので、まだ安価な頃だったのは幸いでした。

ネットで探したメッキ屋さんによると、アウディのリフレクターなら200℃まで耐えられるメッキで、純正と同じ位の寿命に再生出来るそうです。ただし、平滑度は純正に劣るそうです。

価格は1万円だそうです。ワンペアなら価格交渉も出来そうな雰囲気でした。

http://www.exp-company.com/

気になる方は問い合わせてみては如何でしょう。小生はいずれ依頼する予定です。

|

« 悩むと時間が短縮するのか? | トップページ | PC-AE50Mの修理をした »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: ヘッドライトレンズ刻印の意味:

« 悩むと時間が短縮するのか? | トップページ | PC-AE50Mの修理をした »