« 好き嫌いが分かれる様ですが | トップページ | オイルプレッシャーセンサーを交換した »

2011年10月 4日 (火)

「自分の感性を信じても良いカモ」って思った。

数年前から左前からの異音に気づいていた。走行中でも一寸ブレーキをあてると音が止む事から(おそらくは)ブレーキゴムパーツの劣化が原因では・・と想像していた。

長く診てくれていたメカニックは「毎回点検しているが、オーバーホール迄はまだ間がある」との診断であった。

・・ぢつはコレ、一寸不満足でした。何故なら自分で整備した10年選手のバイク(フロント4ポットダブルディスクとリア:2ポット)でフィーリング/効き共に激変したからなのだ。

御存知の通りバイクにはブースターが無い・・ブレーキレバーからパッド迄ダイレクトで、フィーリングは整備具合に直結している・・それを実感していたから。

 

22年目の重整備第一弾・メインルーチンとして、4輪ブレーキ系のフルオーバーホールを依頼した。

オーバーホール完了の連絡を受け、受領直後から違和感が有った。

具体的には・・①ブレーキが遠い②効きが悪い③スポンジィ

体になじんだブレーキング操作と実態が伴っていない。

ブレーキ系の整備後はディスクとパッド、キャリパーボルト/ピン等々の馴染みが崩れるので、当然最初は違和感を感ずるもの・・判っているので、違和感を感じつつ乗っていたが、あまりにもおかしい。

メカニックマンは外車整備を20年以上してきたプロ。間違いは無いと思いつつ、アウディは殆ど触った事が無いとの事・・。

違和感に負けて(プロの作業に文句をつけるようで、申し訳なく思いつつ)再度のエア抜きを依頼したが、2人掛かりで念入りに操作してもらってもエアは殆ど出なかった。

 

馴染みを期待してもうしばらく乗る事にした。

ブレーキを踏みつつ走行したり、意識的にポンピングブレーキを掛けたりした・・・少しフィーリングが戻った様な気がした。

ぢぶんより過激な運転をする同居人に「ブレーキが妙なんだ」と話すと「ベンツのフィーリングに馴れちゃったんぢゃない?アウディはこんなモンだったよ」・・だんだん自分の気持ちがあやふやになって行った・・「そ、そうだったかなぁ・・???」。

天気の良い日、高速を含む100km程を走った・・左前から以前有った以上にキーキー音が出始めたので、どう言ったっておかしい。直ぐに再入庫した。

キャリパーを外して直ぐに原因が判明した。パットが割れている。

ブレーキパッドの耳?ホルダーに乗っかってスライドする部分が片側だけ引っかかって、パッドが斜めになり、ピストンの圧力に負けて半分に割れていた。

割れてスライド出来た半分のみがディスクに当たっていた。

Rim00002_4Rim00003_3

(画像は正常なブレーキパッド)

正直に言おう。「ヲレの感じていた違和感は正しかった!!」うれしかった。

すぐさまパッドを交換してもらった。

帰路のブレーキングはとにかく楽しかった。

体に馴染んだ愛車のてざわりを信じていいんだ・・・実感だねぇっ!!!あいしてるぜっ!!

|

« 好き嫌いが分かれる様ですが | トップページ | オイルプレッシャーセンサーを交換した »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 「自分の感性を信じても良いカモ」って思った。:

« 好き嫌いが分かれる様ですが | トップページ | オイルプレッシャーセンサーを交換した »