« まさか当たるとは・・ | トップページ | 「供給を終了した」との返答が多くなった・・のか?! »

2011年8月27日 (土)

ゴム部品亀裂補修

アイドリングが不安定の原因を探っていて、以前から気にしていたインテークエアダクト蛇腹部分の亀裂が遂に貫通しているの確認した。

Air_duct 画像は補修後。

補修はいつもの「セメダイン社 EPO接着剤」にコピー機のトナーを少々混ぜて着色した。補修前にアセトンでしつこく脱脂。

Air_intake インテークホースのベロ?も穴部分から裂けてしまったので、自転車用パンク修理ゴム板を貼り付け補修。接着剤は「セメダイン社 スーパーX」を使った。

エンジンルームと云う暴露条件が悪い所には所謂ゴム糊は適さないと思う。

車に限らず振動が加わる所の接着には、今回使った様な「弾性接着剤」が有効だと思う。

情報:先月だったかの「オールドタイマー誌」では、ゴムの接着に「クイックメンダーが有効だった」との記載が有った。ケースバイケース、適材適所ではあろう。

・・・これ等の部品は、多分、おそらく、きっと 「No longer available」・・ご相談パーツなのだと・・思う(未確認。有ったとしても間違いなく高価・・それも恐ろしく!)。

|

« まさか当たるとは・・ | トップページ | 「供給を終了した」との返答が多くなった・・のか?! »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: ゴム部品亀裂補修:

« まさか当たるとは・・ | トップページ | 「供給を終了した」との返答が多くなった・・のか?! »