« 最後のホースクランプ | トップページ | フューエルメタリングバルブ 再び »

2011年7月13日 (水)

NE-A33 マグネトロン

重大な警告と免責宣言

 

死亡事故につながる危険がある

 

 以下の事例は単なるレポートであり、読者の追試をもとめるものではない。

 

高電圧高電流を扱う事になるので、最大限の注意と十分な知識/技術を必要とする

 

小生のレポートを無謀に追試し発生したいかなる事例に対して小生は責任を持たない

 

知識と経験をもたない者は、退場すべし。

 

 

 

・・21年目にして「ナショナル NE-A33」電子レンジが故障した。

 

前日まで通常通り高周波発振していたが、今日、コーヒーをチンしようとしても発振していない。タイマーや内照等は普段と変わらない。が、発振していない。発振している時は同一コンセントのFMラジオに高調波が入るので直ぐに異常に気づいた。

 

電子レンジ・・無いと不便!!

 

 13900円で直ぐに新しいモノを購入してきた。

 

哀れNE-A33は廃棄処分になる予定であったが、念の為?修理可能かを判断した上で廃棄する事になった。

 

NE-A33は電源がインバーターなので、旧タイプの高圧トランスと高圧コンデンサタイプよりは電撃を受ける可能性が低い。だが、KV単位で0.5A程度電流が流れるそうだから、本当に怖い。

 

4~5日放置した上で、しぶしぶいやいやこわごわ高圧をショートした・・放電しなかった。

 

電源部のコンデンサを全てショートし、高圧をショートした上で、まだ、怖々基盤を分離。

 

マグネトロンはヒーター/陰極とボディ/陽極の導通で良否を確認すれば良いらしい。

 

ヒーターは0.4Ω・・おそらく正常。ヒーターとボディの導通・・無限大・・こちらもおそらく正常(導通は故障)・・で、マグネトロンは正常と判断した。

 

と、云う事は、電源/インバーター基盤の異常だね。

 

単機能レンジゆえ部品点数は少ない。・・目視点検・・パーツ面に異常はなさそう・・・基盤面・・・?・・?!・・・!!!

 

ビンゴ。

 

Cimg9587 Cimg9588 Cimg9590 Cimg9592 ブリッジダイオードの半田がひけて、割れている。他にも何カ所かアヤシイ。

 

各部を追半田し、清掃後再組み立て。

 

問題なく駆動・・・直っちゃったよ、どうしよう?

 

 

久方ぶりの経過報告。

2020年3月になりましたが修理後問題なく動作しています。
週に2~3度は使用しています。

・・・ついこの間修理したかと思ったけど、もう8年も経つんだ。

|

« 最後のホースクランプ | トップページ | フューエルメタリングバルブ 再び »

コメント

突然お邪魔します。
実は、ウチの電子レンジもまったく同じナショナルNE-A33だったのですが、昨日までふつーに働いてくれていたのに、急に壊れました。

年を越したってことは、22年間も使っていたんだなあ!
使用年数が気になって検索したら、こちらのサイトがヒットして、
思わず書き込んでしまいましたw

ちなみに、今日新しいのを買ってきたのですが、14000円でした^^;
平均寿命?は7~8年だそうです。
ナショナルNE-A33は、大当たりだったってことですかね。
でも、ちょっと寂しいです。。

失礼しました~!

投稿: monty | 2012年1月 9日 (月) 16時58分

montyさんこん**は。
何処が壊れたか調査されなかったのでしょうか?ぢゃんくな小生としては原因が知りたいです。
・・でも普通のヒトは直ぐ捨てちゃうんですよね。

修理したNE-A33は元気に働いてくれています。何時まで保つかな~。

色々ぢゃんくな事してますので、よろしければまたおいで下さい。

投稿: paraiso | 2012年1月10日 (火) 19時45分

>何処が壊れたか調査されなかったのでしょうか?

うーん・・・朝はふつーだったのに、ランチを温めようとしたら、
ウィーンてターンテーブルは回ってるのに、全然温まってない状態でした/汗

わたしも機械オンチでなければ直してあげたいものです。
てか、修理して使えるようになったってスゴイ!!!
そうやって自らの技術で機械の寿命を延ばしてあげることが出来るって素晴らしいですね!

わたしのレンジの分まで長生きしますように/祈

投稿: monty | 2012年1月10日 (火) 20時17分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: NE-A33 マグネトロン:

« 最後のホースクランプ | トップページ | フューエルメタリングバルブ 再び »