« 有名OEM会社製品でも安心は出来ない | トップページ | ラジエーターサブタンクを交換した »

2010年11月30日 (火)

アイドルスタビライザーパイプを交換/補修した

アイドリングが下がるのに時間が掛かる様になってしまったので、いやいやしぶしぶ、最もアヤしいと思われるアイドルスタビライザーバルブを点検/清掃する事にした。

Desubi 此処はエアクリーナーを外すだけで簡単に目視点検出来る・・やっぱりインテーク/アウトプットホース共にスタビライザ部で裂けている。

 Hosyumae 更にマズイ事にエアフロ・受け側(ラバーエアガイドモールディング:以後エアガイドと呼称)も裂けている事を発見した・・此処を触る為にはフューエルデスビ、エアフロ、噴射ノズルへの配管、プレッシャーレギュレーターを外さなくてはならないからだっ!

Desubioff ・・隙間からなんとかならないかと画策したが、完璧に修理するにはどう言ったって外さなくてはダメだった・・いやいやしぶしぶ各部を外した。

 Coldstartvalvhontai Coldstartvalve アウトプットパイプにはコールドスタートバルブが挿入されている上マニホールド下にホースバンドが有り、此処を外す為だけにも、上述一式の分離が必要だった。Waretaoutputpipe_2プラスチックの如く硬化したゴムが作業を困難にしている(結局千切り取るしかなかった)。

Hosyugo エアガイド亀裂はセメダイン社2液接着剤「エポ」とガラス繊維で補修/接着した。

Sulottlevalve Valveopen スロットルバルブとインテークチャンバー内に付着したオイルはキャブレタークリーナーで清掃しておいた。

スロットルリンケージ類も清掃/給脂した。

全てを還納し、ガソリン漏れを確認し、作業を終了した。

試験走行後のアイドリングは安定した・・完了。

**作業のポイント
 手技に自信が無いなら専門家に任せるべきです
 ガソリンラインを脱着する。不安が有るのなら作業しない事
 火災に備えて消火器等を用意しておく事

①燃圧を抜いてから作業する。
②ラインの脱着には専用工具を用いる事。
③フューエルディストリビューター部を脱着する前に十分清掃しておく事。砂粒1個ライ ンに入るだけで不調になる。
④作業終了直後だけでなく、数日後にもガソリン漏れが無いか再度確認する事。増し締め 確認も必要だろう。

アウトプットパイプ: 103 094 04 82 \2856

インテークパイプ:103 094 13 82 \2163

ホースバンド: 005 997 03 90 \283(アウトプットパイプ、スタビライザ側固定に使用)

***12月2日追加情報

せっかくガソリンラインを切り離したりする訳だから、インジェクターO-リングやガイドホルダーを併せて交換してしまおう。6気筒全部交換しても2000円位だから。

古いガイドホルダーはプラスチックの如く硬化している。インジェクターに傷つけない様に注意して、ニッパーで切り取ってしまうと簡単。

インジェクターホルダー?(プラスチック製)は、よほどの事が無い限り交換不要だと思う。

インジェクタガイド:116 070 0077 0

インジェクタシールリング(O-リング)103 997 0045

2ピン、3ピンコネクタも外す時簡単に割れてしまう。安価だから準備しておいて交換しよう。

2ピンプラグホルダー 011 545 71 28

3ピン・・品番不明・・ディーラーで直ぐ判るハズ

配線固定C型クランプ 000 995 6044

いずれも1個100~150円位。5個位ずつ用意しておくと余っても後々使う事になりますよ。

|

« 有名OEM会社製品でも安心は出来ない | トップページ | ラジエーターサブタンクを交換した »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: アイドルスタビライザーパイプを交換/補修した:

« 有名OEM会社製品でも安心は出来ない | トップページ | ラジエーターサブタンクを交換した »