« 2010年9月 | トップページ | 2010年11月 »

2010年10月26日 (火)

アウディ パワーウィンドウの修理 #2

#2 修理編

 

 Ura_2  ①巻き取り部ドラムカバーを外し、巻き取りドラムを抜き出す。3個の突起で勘合しているだけなので、垂直に引き上げれば抜ける。
注意:ワイヤ巻き取り状況を再現する為、巻かれているワイヤがバラけない様に注意して抜き出す事。

 

Endhoture_3 ②今回の異音の源。ドラム部で引き側のワイヤがほつれていた。ワイヤがほつれたそもそもの原因は、引き側のフレキシブルワイヤ・アウター(以後アウター)エンドキャップが破損し、テンションが掛からなくなりワイヤが緩み、巻き取り時に不整合が起き、ワイヤが擦れ合った為であった。

 

Capmoshiki_2 Wirouterendcap_2左図は正常なエンドキャップ模式図 。自転車やバイクのアウターエンドキャップは金属製なので、この様な破損は起きない。ジュラコン丸棒とボール盤が有れば簡単に複製出来るが、面倒なのでワッシャーをかませてスプリングテンションが掛かる様にした(画像なし)。

(重要追記:右図のエンドキャップは破損している!本来は左凸型。トツの部分が折れている)左図は折れておらず、スプリングが直線状になっているのが判ると思う。エンドキャップは新造しないと駄目。構造上こちらのエンドキャップには無理な力が常に掛かる。設計ミス?)

Suraidarwaiyakoteibu_2Centerstopper_2  ③ほつれたワイヤーは修理不能なので交換するしかない・・が、 これが一筋縄では行かない。スライダーがレールから外れないのだ。スライダーを外すには上か下のリール(カシメてある)を外さなくてはならない。  再現するにはセンターに穿孔し、タップを立てボルト固定出来る様に改造しなくてはならない。こりゃ面倒。

 

 Fureimcutbu_2 そこで左図で示した通りレールを、スライダー片足分の幅金鋸で切り取ってしまい、チカラワザでスライダーを抜き取った。これでワイヤが外れる。リールが多少傷つき、スライダーも少々変形するがノープロブレム。ゴム緩衝材とケースは簡単に外せる。

 

Wiersize_2 ④オリジナルワイヤは鋼製(2mmφ)と思われるが、ホームセンターで入手したモノはステンレス製で、鋼製よりしなやかさに欠ける。後々障害の原因にならないと良いのだが・・。
 オリジナルは2本のワイヤを中央で締結する形で構成されているが、今回は1本でコピーした。市販のカシメ金具は使ってはいけない。ワイヤーには相当な張力が掛かるので、素人カシメは必ず破損する。小生はロウ付けしたし、追試者にもそれをおすすめする。(追記:ワイヤーサイズは左940,右1045mmが良い。2個を造った結果です)

 

Endkashime_3 金具は「電設資材:直線重ね合わせ用スリーブ P-5.5とP-2」で代用出来る。銅製なので簡単にヤスリでサイズ調整が可能。
 
ロウ付けは手早く行う事。長引くとウイック現象でロウが吸い込まれ、ワイヤが硬化してしまう。

 

 ワイヤーアウターやエンドキャップ、ワッシャー等を先に通してからエンド金具をつけないと、二度手間になりますゾ。ワイヤには給脂しておく。

 

Koteibu_2 ⑤黄枠部スプリングをタイラップで締め上げテンションを抜いた上で、巻き上げドラムにワイヤを元通りに掛け、ドラムを還納し、カバーを整復する。その後タイラップを切る。

(追記:下側ローラーカシメを外して軸をネジ加工して脱着にした方があちこちに無理が掛からず良いです)

⑥レールやワイヤが接する部位に給脂する。

 

⑦車両側ガラスガイド部を清掃し、シリコンオイルを少量塗布しておく。

 

⑧アッシーをドアに仮付けし、ガラス固定部と接続する。Eリング専用プライヤーとかセッターも有るが、1cm角位の木棒で押し込める(例えばワイヤブラシの杖)。コネクタを接続して数回窓を上下させ、ストレスの無い位置で各ボルト/ナットを本固定する。

 

⑦内張を戻してねじ止めし、作業終了。おつかれさま。

 

考察:異音がした時点で直ぐに使用を止め、アウターエンドを補修していれば今回の様にワイヤー交換まで至らなかったかもしれない。

 

強いテンションが掛かる部分にプラスチック製部品が使われていのは、どうかと思う。が、22年目にして発現した破損なのだから設計不備とは言えない。

 

スライダーが合金製なので、現代車の様にここが破損する故障は無いと思われる。

 

しなやかさ(柔らかさ)に欠けるステンレスワイヤーを用いたので、それが機構上ストレスを与え、障害の原因になる可能性が危惧される。

 

***追記

 

 先日右前ウィンドレギュレーターも交換したが、全く同じ所が破損してワイヤがほつれていた。異音がしたら直ぐ分解して修理すれば大事にならずに済みますよ。

 

ついでにドアトリム・スポンジも張り替えたが、相変わらずの「グルー・ゲル」で辟易した・・まだ左前の張り替えが残っているんだよね・・憂鬱。


2019 23/Dec. 追記×3

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2010年10月25日 (月)

アウディ パワーウィンドウの修理 #1

アウディのパワーウィンドウから異音が発生した・・BB号から病気がうつった(訳はナイ)。

右前(助手席側)は一寸前から異音がしていたが、聞かないふりをしていたのだが、今回は運転席側からワイヤをかみ込む音がし始めてしまったので、破壊が進行する前に対策を講じなければならなくなり、いやいやしぶしぶ作業を始めた。

注意:画像は右前用です。

①内張取り外し・・ほとんど略。ベンツと同様上に持ち上げると外れる。

固定ネジは上部左右に小ネジ2本、内側ドアレバーを引くと現れるネジ1本(ネジを外して進行方向にスライドするとユニットが外れる。レバーからワイヤの”?”型引っかけを外せば取れる)、レストアームカバーネジ1本を外すと現れる固定ネジ2本(コイツが固定の親玉)。

②コネクターを分離する前に窓を下げる。完全に下げず、ケースバイケースだが1/3位残 しておく。リフターからガラス固定部を外し易くするため。落ちない様にガムテープ等で固定しておく事。

③バッテリーマイナス端子を外した後、パワーウィンドウと電動ミラーのコネクタを外し内張を分離する。

④赤丸部に相当するボルト、ナットを外す。Koteibu

⑤フレキシブルコード固定パーツが有るので、手を突っ込み、手探りで爪を開いておく。Koteikparts1 Koteiparts2 

⑥リフターとガラス固定部を分離する。固定部を見るには鏡が必要!ベンツと違いEリングが使われている。Eリングプライヤーか、硬線を曲げたモノで引っかけて分離する。飛ばさない様に注意。Galasukoteibu

・・・修理編に続く。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2010年10月22日 (金)

スパムコメント対策につきご協力下さい

スパム対策でコメント入力時、承認入力が必要になりました。ご協力下さい。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2010年10月20日 (水)

水中ポンプのメンテナンスをした

工進(KOSHIN)SMB-2010と云う汎用水中ポンプのメンテナンスをした。Cimg7095

風呂水を洗濯機で使うのに用いていたのだが、20年使った洗濯機がお亡くなりになり、新たに購入した洗濯機には自動汲み上げポンプが内蔵されていた為、お蔵入りとなっていたのだ。

「風呂水ポンプ」なる商品が各種有ったのだが、能力が決定的に違う為、はなからオモチャの様な商品を買うつもりは無く、トップブランド「工進」を選んだのだ。

移送時間が短く、同居人の評価も高かったです(実家ではオモチャを使っていた由)。

多分10年位使ったので、消耗部品を全て交換する事にした。

分解前に試運転すると「ウ~ン」と唸って動かない。インペラを回してやると、起動する。

・・・こりゃアレですな「起動コンデンサ抜け」。Cimg7094 分解すると見事に膨らんでいる。「Zhong Xing」と有るから、「あの国」製。工進もケチらず国産を使えば良いのに・・。 Cimg7090

 工進は全ての補修パーツを出してくれます。ホームページ上でのパーツリストも実に親切。さすがにポンプのトップブランドだけはある(荏原の方が上だが)。

Cimg7087_2 今回パッキンやメカニカルシール類を全て交換したので、後10年位は使えるのでは無いかなぁ。

因みにベアリングはシールタイプの汎用品。シールを外してグリスを入れ替えておいた。交換する程の消耗も無い様子なので。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2010年10月 3日 (日)

防振ゴム両ボルト

補修して使おうと思っていたがダメだった防振ボルト/市販品を探しに行ったが、全く無い。

かなり大きめのホームセンター数軒と、プロ御用達金物屋1軒を巡ったが、ダメ。

そもそも「防振ボルト」を知らない。

相当サーフィンしたが電脳界でも見つからない(ヒットしない)。

M6両ボルトでゴム厚10mmってのは、無いっ!!!

規格品はゴム厚15mmからの様なんだよね・・・。

あ、因みにヤナセ部品課調べで、単体パーツとして出ますよ・・1本1500円だけどね。

ドア側バカ穴を拡大し、ゴムブッシュをかませる様に改造した方が絶対良いと思う(8mm位のカラーを入れれば良いのと違うか?)。

小生の如くズン切りボルトとゴムブッシュでセミリジットにするのも有りだと思うけど。

良いアイディアや流用部品を思いついた方、知っている方、どうかご連絡下さい。

小生からのプレゼン。

1:スズキGSXR250RRのラジエーターブランケットを固定するのにM6両ボルトの防振ボルトが使われている・・・が、ゴム部高さが不明・・確か10mm以上有った様な気がする・・20年前のパーツリストでは1本510円だが・・P/N:17788-13602。

2:同じくGSX用ガソリンタンク固定用ゴムブッシュ。・・ほとんどの単車タンクがこのタイプの固定ブッシュを使っている。一寸したバイク屋なら、廃部品がごろごろして居るハズ。P/N:09320-10038と09320-1401770円と60円。上述の様にスルなら、カラーが必要(ホームセンターで入手可能)。

ネジ類問屋が有るので、いずれソコで聞いてみようと思う。

**2011年3月31日追記**

Cimg9231 スズキ17788-13602は防震部分サイズが14mmでした。このサイズはモノタロウ等で汎用品が購入出来ます。更に純正だけ有って一個935円(税別)もします・・いずれにせよ、サイズが合わず使えませんでした

| | コメント (0) | トラックバック (0)

« 2010年9月 | トップページ | 2010年11月 »