« パノラマワイパーの修理:解析編 | トップページ | パノラマワイパーの修理:亀整備:完結編 »

2010年8月19日 (木)

パノラマワイパーの修理:分解編

Kameoff 左画像の通り亀は12時の位置(ワイパが最も短くなる位置)でのみ外れる。ギア部を良く観察すると、12時の位置のみ、ギアが欠いてある事に気づくと思う。Giabubun

Gearzentai リングギア(半月ギアとも呼ばれる)がムシり取られている。ギアが咬み込んで折れた様にも見えるが、良く観察すると、左下画像、模式図に描いた様にギア底面にクラックが入っている。亀ギアが左右に揺さぶった結果、劣化したプラスチックにクラックが入り、高速時に折れた様だ。Gearup                       6本のネジを抜き、押さえ板を外せばリングギアを外す事が出来る。リングギアを交換し、グリスアップすれば修理の80%は終了した事になる。問題はリングギアのみのパーツが供給されていない事だっ!・・・激しく重要なポイントなのだが、あっさりスルーする・・しかない。入手方法については後述する。Jikugreaseup

Gearoff_2

 中心軸はメタルで支持されている。支持メタルは上下2ピースで構成されて居り、中間部分はグリス溜まりとして空いている。清掃後十分グリスアップしておく事。ポスト上面にはO-リングが入る。

小生の調べた限りでは NOK CO 1109A ・・・w1.8 do11.8・・・が使用出来る・・と、思われる。

パノラマワイパーの修理:亀整備に続く

                                             

|

« パノラマワイパーの修理:解析編 | トップページ | パノラマワイパーの修理:亀整備:完結編 »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: パノラマワイパーの修理:分解編:

« パノラマワイパーの修理:解析編 | トップページ | パノラマワイパーの修理:亀整備:完結編 »