« 遂にはやぶさが帰還した | トップページ | 一寸した不注意で・・ »

2010年6月18日 (金)

今年の梅作業もようやく終了

Photo_5 6月13日に庭の梅を約20kg採取した(画像は浸漬中の梅。新鮮な梅は水を弾くので、一重の空気層でくるまれた様に見える)。

4L-5Lで梅干し3kg、2L-3Lで梅酒2kg、2L以下サイズ1kgで梅サワー。本日最終作業で梅ジャムに2.5kg(粗梅ジャムとして約1kgを分離。ジャムはこれに砂糖900gを加える。隠し味は、コアントローと能登の塩少々)・・を製造し、本年度の梅作業を終了した(実際は紫蘇梅干しにするので、まだまだ作業は続く)。

知人Aに5kg、知人Bに2.5kgをおすそ分け。

母親に2L-3Lを2kg、2L以下2.5Kgを献上。

小梅(購入品)2L*1kgとL*2kは既に漬けてあり、良い具合に梅酢が上がって来ている。

・・毎度の事ながら、梅ジャム作業は種から果肉を分離するのが面倒。最後には使い捨てグローブ(ニトリルゴム)を着けて「にぎにぎ」してしまった。

梅は自家製だが、紫蘇が結構高価なのが頭痛のタネではある。来年は紫蘇も製造するか?Photo_2 ・・こんな変態チック?な梅も採取された・・管理者の妙念力が作用したもよう?

|

« 遂にはやぶさが帰還した | トップページ | 一寸した不注意で・・ »

コメント

自家製のうめぼしいいですねー。
梅の林をお持ちなんですかー。
B3先生。
実は6月19日に愛知県みよし市まで、88年式B3-1.9Eを取りにいきました。某オークションにて落札しまして、部品取りにいいか。っという気持ちで、購入し、充分に乗って帰れる状態です。とのことなので、東名、名神を4時間ほど走行して無事帰り着きました。
言われてたとうり、ぜんぜんトラブル無く、快調でした。帰ってから洗車、WAXしてみたら、塗装もぜんぜん痛みもなく、内装も完全に近い状態でした。ただ屋根つき倉庫だったらしく、すこし湿気てましてほこり、かびのにおいがしました。いま乗ってるのより断然状態は上なので、まるまる乗り換えでもできそうです。
これから、みていきまた連絡します。
失礼いたします。

投稿: てつお | 2010年6月21日 (月) 07時33分

ええっと、梅の木は1本だけなんですよ。大して肥料も手間もかけてやっていないのに生育条件がマッチしているのか・・。よく判らないのですが、おそらく1本の木から採取される量としては、20kgは少ないのだと思いますよ。樹型をこぢんまりと成形している為かな?

 福井の友人からかつて聞いた話です。「梅の木が10本も有れば子供を学校に行かせられる」と言っていたそうです。中国産の「梅のようなモノ」が輸入される様になり、梅園も荒れ果てたそうです・・。

 梅の後は巨峰の手入れが続きます。今年もカナブン襲来でやっかいが起きるのかな。面倒。

 おぉっ・・B3をもう一台購入ですかっ!88年式と云う事はタイプSDですね・・増やしてどーするんですか?(小生が言っても説得力ナシですねぇ)・・万が一部品取りにされるなら・・小生にもご連絡下さい。

投稿: paraiso | 2010年6月21日 (月) 09時53分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 今年の梅作業もようやく終了:

« 遂にはやぶさが帰還した | トップページ | 一寸した不注意で・・ »