« 2010年2月 | トップページ | 2010年4月 »

2010年3月30日 (火)

温泉でじょんのび

友人達と温泉でじょんのびしてきた。当地から車で約3時間。途中まで全く雪が無く、スタッドレス消耗が勿体ないと思っていたが、さすがにスキー場の近くまで行くと、圧雪+凍結路になり「夏タイヤぢゃ無くて良かったー」。

 岐阜県下呂市濁河温泉の「朝日荘」へ到着。高度1800m、日本一標高のある温泉旅館だそうだ。確かに小生は一杯飲んで温泉へ浸かったら急に疲れが出てきました。

 ただ単に呑んでからかなり高温の温泉に浸かったからだとは思うけど・・。

 Asahiso 温泉・・スバラシイ。旅館内は全面温泉を使っての床暖房!・・夕食・・すばらしい!!

値段と内容とを考えるに「また行きたい温泉旅館」のベスト5に入るコトは間違いない。

 アウディの燃費は4人乗車+大量の酒で、約13km/Lでありました。

| | コメント (1) | トラックバック (0)

2010年3月16日 (火)

復活の呪文!PC-PR201GS

倉庫から出してきたPC-PR201Gでとりあへず仕事をこなし、さて、アレはどうしようか・・機械的メンテナンスもしてきたし、使わない時はカバーをしていたので褪色も無い。綺麗だし・・しかしデカくて重く場所も取る・・捨てるしか無いか・・。

 で、捨てようと決めた・・が、念のため各部の電圧/電流を測ってからにしようと思い立った。

 おおまいぶった!!

 なんと!エラーが出る一寸前から電圧がふらついているでは無いですかっ!!

 そこで201Gから電源を外し、バラックで接続してみると・・ビンゴで御座います。

 正常にセルフテストを実行出来る。

・・・結果的に電源基盤の何処かがパンクしている様子。コンデンサが液漏れしてリプルやなにやらで負荷が掛かった為、なんやらが劣化した模様。20年使えば壊れてもしょうがないか?

 スイッチング基盤は感電しそうでヤだな~。通電中にリードを当てるのヤだなぁ~。どうしよう。Cimg7123

 201GSの復活の呪文は「電源の移植」でありました。ちゃん、ちゃんっ!

                                    嗚呼っ!ごみばっかり!

| | コメント (2) | トラックバック (0)

2010年3月10日 (水)

PC-PR201GSがお亡くなりになってしまった

 昨年?だったっけ?電源のコンデンサがパンクして修理したドットインパクトプリンタ NEC PC-PR201GSがお亡くなりになってしまった。

 修理した電源が原因かと調べたが、ちゃんと5Vと34Vを出力しているし、なによりセルフテストの途中で妙な動きをして再起動してしまう・・お脳がダメな様だ・・。

メカ部分に問題は無いのに、お脳がダメになるとは珍しいと思う。ヘッドはこの20年間に1度新品と交換している。

 とにかく20年間同じプリンタを(仕事で)使っているので、新しいモノを導入するのはちょっとなぁ・・。

 まぁ2ndマシンのPC-PR201Gを直ぐに倉庫から出してきて事なきを得た訳なので、仕事には差し支え無い訳だし、コイツだって新古状態でストックしたのだからまた20年位は使えると思う・・・ってか、ヲレってば何歳まで仕事するつもりなのか???!!!

 おおまいぶった!!!本体の9821Xa9の方が先にお亡くなりになりそう。本体はVM→EPSON286VG→9821BX→9821Xa・・とそれなりに進化?をしている・・・が、未だにDOSで動いているのだっ!!それも正規購入のMS-DOS 6.2ですぞっ!!!・・自作専門ソフトなので、もはやウィンドウズに移植する気力が無い。ただ、バグとフリーズは皆無・・さすがに枯れた技術だわ・・・。

| | コメント (5) | トラックバック (0)

« 2010年2月 | トップページ | 2010年4月 »