« 社会学とは如何なる学問か | トップページ | フロントからの異音 »

2009年12月31日 (木)

来年こそは・・

・・なんて、ここ数年いっつも思っている事だ。が、やはり言いたい。来年こそは良い年で有りますように、と。

 「歳をとると・・」などと云うけれど、本当に実感だなぁ。一寸前に新年会やったばかりなのに、もう、年越し宴会・・。

 此処に宣言します。来年こそは、来年こそは、ら、来年こそは・・・・よい子になりま~す!!

 では、皆様、良いお年をお迎え下さい。小生はこれから出勤してぱらいそを開けて、年越し営業です。

 来年もぢやんくなコトするぜえ!!

|

« 社会学とは如何なる学問か | トップページ | フロントからの異音 »

コメント

B3先生、いつも見ず知らずの私に御丁寧な返事をしてくださりありがとうございます。はやくも本年最初の診察をお願いします。
正月休みの間に車屋をしてた友人にATF交換してる?と聞かれました。古いので交換した方がいいのでは、と言われたのですが、した方がよいのですか?それともしない方がよいのですか。
現在 特にショック等の異常は、全然ありません。するとしたら何を入れたらBESTですか?診断お願いいたします。昨年末に診断
していただいた(ハンチング)は、一日一回カッキリ始動5分後に現れていたのですが、あれから序じょにブルンブルン幅が小さくなり現在は、ここ2日ほど発症しなくなりました。よろしくお願い申し上げます。それでは失礼いたします。

投稿: てつお | 2010年1月 6日 (水) 08時49分

???お返事をアップしたはずなのに、消えてます。謎。

 改めまして、明けましておめでとう御座います。今年もよろしくお願いします。

ATF交換ですが、された方が良いと思います。製造後大分経っていますからね。オイルは、モービル/デキシロンⅡ(W124機械式AT用/純正指定)が良いです。1L缶を4缶ご用意下さい。

交換(排出/注入)は、ディップスティック部から行います(いわゆる「上抜き」)。吸引/排出したATFオイルの量をキチンと量り、新油を注入します。大体3L前後抜けるはずです。オイル量の確認は、80度以上の水温が有る状態で、ニュートラルに入れて測定します。辺りを15分程走行した後・・位でしょうか。エンジンオイル以上に入れすぎは禁物ですよ。

 贅沢に行くなら、300KM程走った後にもう一度オイル交換すればほぼ、完璧でしょう。ベンツで良く聞く「ATFオイル交換するなら、フィルターも同時に交換」は、B3には不要です。なぜなら、フィルターが正に「茶漉しの金網」だからです(ベンツは紙)。詰まりません(ザルですな)。

ハンチングの原因は先だってお話した通り、多岐に渡ります。ですので診断には専門家への上診が必要になります。

投稿: paraiso | 2010年1月 7日 (木) 09時21分

さっそくのご診断ありがとうございます。今週末にもトライしてみようとおもいます。また次は、ラジエーター液の交換もしてみようとおもいます。御時間がありましたら御診察よろしくお願いします。失礼いたします。

投稿: てつお | 2010年1月 8日 (金) 10時48分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 来年こそは・・:

« 社会学とは如何なる学問か | トップページ | フロントからの異音 »