« フューエルスタビライザーを購入した | トップページ | 社会学とは如何なる学問か »

2009年12月19日 (土)

プラグ交換をした

Rim00003 そう云えば最後にプラグ交換をしたのは何時だったのだろう・・記録簿を見ると、既に2万キロ以上走行していた。

以前イリジウムプラグで失敗(過走行でプラグが劣化)した事が有るので、早々に交換する事にした。

 画像で見る通り、中心電極はおにぎり型に摩耗しているがとりたてて不具合は無い。デポジットの付着も正常と変わらず。

新品のボッシュ純正プラグに交換したが、写真のモノはNGK。間違いなくメイドインジャパンが良いと思うが、ボッシュプラグはナンとメイドインチャイナ・・・・安価だけど、大丈夫かいな?

プラグコードは数年前にウルトラ/シリコンコードに交換済みなので、何の心配もない。ローターとローターカバーもまだ大丈夫だと思う。

皆さん、プラグ見てますか?

|

« フューエルスタビライザーを購入した | トップページ | 社会学とは如何なる学問か »

コメント

B3先生またまたよろしくお願い申し上げます。エンジンオイルの量ですが、交換してもらったSHOPで4L缶全部を入れられたみたいでゲージは、MAXラインのはるか上です。フラッシングしてエレメントも替えたのですが、多すぎるので抜こうとおもいますが、上からしか抜けないので、どうすればBESTでしょうか。そのままでも支障ないですか。それと底の触媒には、カバーはついてたのですか。先日の車検時に言われたのですが。もし取れていたのなら先日診断して貰ったブレーキパイプの止め金具がとれていたのは、やはりB3先生の診断通りの雪道か氷で底を擦ってたのですね。すごい診断ですね。ますます信頼いたします。たのしみにご返事まってます。ささいなことですみませんが。

投稿: てつお | 2009年12月22日 (火) 16時44分

どもども。オイル入れすぎはイカンですよ。直ぐに適正レベルまで抜いてもらいましょう。良識有るショップなら、自らの責任を認めてキチンと処置してくれるハズですが・・。

ご自分で処置しようと思うなら、アンダーカバーは左右ホイールアーチ内にプラスチックナット各2個と、カバー中央(リア側)に1本のボルトのみで留まっています。

取り付け状態を良く確認しておけば、ご自分で脱着出来ます(少々コツが必要ですが、ほんのコツ程度です)。

タイヤを外したり、ジャッキアップしたりしなくても、車体の下へ手を伸ばせば大丈夫ですよ。

合板2~3枚を重ねたモノに前輪を乗り上げ、ほんの少しでもクリアランスを上げれば更に作業し易いです。

ドレンボルトを外す前にオイルパンに付いているゴミやホコリを良く取っておけば、排出したオイルも再利用出来ます。

1L程抜いて、ゲージで確認しつつ再給油すれば良いですよ。

触媒の道路側に遮熱板はありません。車体側のみです。もし遮熱板がハガれて居るほどスれば、車体下面は傷だらけですよぉ。

投稿: paraiso | 2009年12月22日 (火) 17時36分

B3先生、急患です。低速走行中に急にエンジン回転がブルンブルンと1000から1500回転くらいでレーシングしだしました。信号停止では、ブレーキを踏んでたら1000くらいでとまりますが走りだすとブルンブルンです。エンジン止めて10分ほどしてエンジン始動すると、普通にもどりました。それから2日ほどずっと乗りましたがなんともありません。最初の一歩が来たのかなと思いましたが、何かの前兆現象でしょうか。何か対応したらよいでしょうか。
今日も挨拶周りで1日中乗りますが、なんともないですか。年末のお忙しいときに申し訳ありません。宜しくお願いします。

投稿: てつお | 2009年12月28日 (月) 08時36分

アイドリングが上下にふらつく(ハンチングと云います)のは、フラップ式エアマスセンサーを装備している車に良く見られる症状の一つだと思われます。詳細はサーフィンして頂くとして・・ラジオのボリュームの様な部品(ポテンションメーター)が使われていて、接点が劣化/汚損したりして、安定した電圧が出力されない場合、その様な症状を発現すると云われています。
 
 小生も同様の症状でエアマスユニットを新品に交換しました。2~3年前ですが、確か3万程だったと思います。

  後原因として考えられるのはDIFF(ディファレンシャルプレッシャーレギュレーター)不良です。フューエルメタリングバブルの脇に付いている黒色の部品で、コネクタがつながってます。ECUからの信号を受け、ガス流量をコントロールする部品です。この部品は滅多に壊れない(と、思うだけ。構造が単純だからそう思ってます)のですが、壊れる場合も有るからねぇ・・。壊れなくても劣化して所定の性能が出ていない可能性も有り。

 後は・・アイドルコントロールバルブの動作不良・・かな。アイドリングは吸入エア量をコントロールする事に因り制御されています。機械的にはコントロール出来ません。このバルブにカーボンとかが噛んだりすると、やはり同様の症状が出ます。外してCRCスプレーやキャブレタークリーナースプレーを吹き込んだりして掃除できますから、試されたらどうでしょうか?

 てつおさんの車は走行距離は短いですが、部品は年式通り劣化していますから、ナニが起こってもおかしくは無いですね。とりあえず、再現性が無いのであれば、しばらくはナニもしなくて大丈夫でしょう。

所で、ヘインズマニュアルと云う本をご存じですか?英国のヘインズ出版が出している、サンデーメカニック向けの本です。B3用の本は絶版かもしれませんが、まだ、入手出来ると思います。是非お探しの上、ご購入下さい。我々には役に立つ本ですよ。・・ただし、英語版のみです。

投稿: paraiso | 2009年12月30日 (水) 09時45分

B3先生 新年あけましておめでとうございます。昨年は、いきなりいろいろ相談して丁寧にご診断していただきありがとうございました。また本年も宜しくお願い申し上げます。先生はバイクにも
精通されておられるみたいですね。小生も若いころは、一人用テントにコンロ、鍋を積んでよく駅舎で寝てました。そのころの愛車は、DT200でした。又小生もバイクにも乗ろうと思っています。それでは、失礼いたします。

投稿: てつお | 2010年1月 1日 (金) 09時50分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: プラグ交換をした:

« フューエルスタビライザーを購入した | トップページ | 社会学とは如何なる学問か »