« 山梨でキャンプを楽しんだ | トップページ | 放置自転車 »

2009年10月 3日 (土)

磁尾停留

宇宙ステーション補給機(HTV)がH-ⅡBロケットで打ち上げられて、既に23日が過ぎた。ステーションでは補給品の搬出は既に終わり、そろそろ廃棄品の積み込みに移っている頃ではないだろうか。

・・しかし、試験機にたっぷり荷物を載せて送り出すなんて、よっぽどの自信がなきゃ出来ないねぇ。それともステーションではよっぽど困窮していたのかね、トイレットペーパーが無いとかさぁ・・あぁ「塩が足りない」のカモね、お約束ですから。

 アポロ11号の月面着陸中継を白黒テレビで「おォ、見えん、よくわからんぞっ!」などと言いながら興奮して観ていた小生にとっては、ペンシルロケットからおおすみに進み、遂に此処まで来たのか・・という異常な興奮を覚えるのであった・・。

 さて、今回のお題目。磁尾停留・・じおていりゅう・・・ジオテイル・・・・GEOTEIL。

GEOTEIL衛星・・門外漢の小生が語るにはあまりにおこがましいが、はしょると「地球磁気圏のはずれの様子を探る」衛星だそうだ。

 で「磁尾停留」・・オヤジギャグと言わざるおえないが、そのものピタリなんで、小生の中では大受けして、こうしてブログにも取り上げてしまう訳だ。

 GEO(地球)+ TAIL(尻尾)からの造語だそうだ。

 一寸でも興味が惹かれたのならJAXAのホームページの「プロジェクト」ページで読んでみて。

http://www.jaxa.jp/projects/sat/index_j.html

 観測の目的上、高エネルギー暴露に耐えられる様に創られたのも有って、GEOTAILは世界でも珍しい長生き衛星なんだそうだ。

 衛星が長生きだと観測、管制ミッションをささえている人々も歳をとるって事で、ホント大変な事が多いだろうねぇ。

 これからも長生きして宇宙の神秘に迫ってほしいモノだ。

|

« 山梨でキャンプを楽しんだ | トップページ | 放置自転車 »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 磁尾停留:

« 山梨でキャンプを楽しんだ | トップページ | 放置自転車 »