« 続・続・ミッション分解中 | トップページ | ミッション組み立て中 »

2009年1月15日 (木)

ガイドスコープ十字線(レティクル)

「十字線」で良いと思うのだが、最近?はレティクルと言うらしい。

その1:最も古典的な方法は、蜘蛛の糸を使う。それも、横糸だか縦糸だかを選んで使うらしい。さすがに詳しい話は判らないが、太さ、均一さ、強度が縦糸横糸で異なる為だと云う。蜘蛛の種類も、選択枝の一つらしい。

その2:ストッキングの糸を使う。・・現代ではストッキング用ナイロン糸も進化していると思うので、極細のモノが入手出来るだろう。

その3:ゴム系接着剤を引き延ばす。絞り枠の端に付けた接着材を楊子等で絡め、糸状になったモノを対角線上に留める。90度ずらして同じ様にすると・・十字線。井桁にすれば、ガイドもし易い。

その4:ホットボンドを引き延ばす。「その3」の亜種。結構強度が有り、マジックインキ等で着色も可能。

 本当のレティクルは、極細の金属線や板を使う。

今回紹介した方法は、決定的な欠点が有る。耐熱性が無い。

安価だし簡単に施工出来るので、ダレたら引き直せば良いだろうね。

他に良い方法をご存知の方がいらっしゃったら、ご紹介下さい。

(業者に頼めば、ちゃんと金属線で入れ直してくれます)

|

« 続・続・ミッション分解中 | トップページ | ミッション組み立て中 »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: ガイドスコープ十字線(レティクル):

« 続・続・ミッション分解中 | トップページ | ミッション組み立て中 »