« 2008年11月 | トップページ | 2009年1月 »

2008年12月31日 (水)

ヘッドライトスイッチに不具合発生

一寸前からヘッドライトスイッチに不具合が発生していた。

前駆症状は「電球切れ警告灯」の点灯だった。

いつも通りスイッチを操作すると球切れ警告灯が点灯し、手応え(クリック感)が妙に無い。

駐車場へ車を入れて、点灯具合を確認すると、左後ろの車幅灯が点灯していない。20年近く交換していない球なので、これは切れたのだと思い、確認すると、切れてはいない。

スイッチを微妙に操作すると、正常に点灯する。

内部接点の接触不良と云う仮診断を下して、今日までだまして乗っていた。

取り外す時に既に問題がおきている事に直ぐ気付いた。

カラカラ音がするのだ。「こりゃナニカ割れたな」と思った。

カシメを強引に起こして分解すると・・バラバラと砕けたプラスチックが出てきた。

一部溶解したスプリング等も一緒に出てきた。

クリック感を出す部分のプラスチック部品であった。完全にバラバラ。手でつまむと、簡単に分解してしまう程劣化していた。

摺動する部分なので、グリスが塗ってあるのだが、使われているグリスとプラスチックの相性が悪いらしい。

 ベンツにしろアウディにしろ、この手のプラスチック+グリスの部品は良く壊れる。

 グリスとプラスチックの経年相互作用迄十分な検討が無かったのではないだろうか。

クリックとフォグを殺してひとまず組み込んでおいた。

 ヘッドライトスイッチは結構高価な部品なので、・・まいったなぁ。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2008年12月24日 (水)

ND-B3 光ビーコンの流用を図る

 小生の使っているナビゲーションシステムは、知るヒトぞ知る「SONY」製である。

 ラップトップに内蔵しているナビシステムも、ソニー製。車載器は2台あり、1台はVICSを付けたが、もう一台には付けていなかった。結構高価なモノで、余裕が出来たら追加しようと思っていたのだ。

 ネットオークションで調べると、驚きの高値。新品より高い。・・・で、小生としは、他社からの流用を目論んだ。

結果を先に言ってしまおう。失敗しました。

 VICSとは「光ビーコン受信」をしているのだと思っていたのだが、実は電波も受信するモノだったのだ。

 だからダッシュボードの上に鎮座しておられる受信機(アンテナ)の中には、フォトダイオードとパッチアンテナが入っているのだ。

 今回購入したカロッツェリア(パイオニア)ND-B3は、アンテナ部と演算部に別れているタイプで、かなり旧型になる。

 光ビーコン部と演算部はRS422(MAX485)でデータをやり取りしており、電波部は同軸でダッシュ上のアンテナから直接演算部へ接続されていた。

 ND-B3の演算部のほとんどはギガヘルツ帯の電波情報演算部であったのだ。

電源以外にI/Oは2本しかないので楽勝だと思ったのだが、オシロであたっても信号が出ていない。

 演算部レシーバでは波形が出力されているのに、アウトプットが読めない。

 休日のカナシサ、6時間程いじくり廻したが、いいかげんイヤになってしまい、うっちゃってしまった。

 流用するには光ビーコンも電波ビーコンも演算部も1パッケージされているタイプぢゃないと、ダメ 面倒だと思う。 

 まったくもってくたびれたし、お財布も寂しくなってしまった。

クヤシイので、入手したND-B3は故障品だった・・と、しておこう。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2008年12月14日 (日)

暗室の掃除をする

数年ぶりに友人がプリントをしたいと言いだしたので、暗室の掃除をすることにした。

自分で最後にプリントしたのは、祖母の遺影だから、かれこれ・・・ですねぇ。

暗室と云っても、ワイン部屋の、ワイン棚のトイ面にテーブルを置いて、エンクロージャーやバットを置いてあるだけ。

そのテーブル上にもワインやら発泡酒がっ!・・・たまには整理しろってコトだね。

それでも、去年引き延ばしタイマーを購入しておいたから、以前よりは使いやすくなったハズでしょう!

 俺も今年は写真スルかな。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2008年12月11日 (木)

しゃっくりの止め方

色々な方法が伝授?されているとは思うけれど、いくつか。

①呼気再吸入法・・過換気症候群の対処法と同じ。ビニル袋(レジ袋)で「すーはー」する。その結果、血中二酸化炭素濃度が上昇し、呼吸中枢が刺激され、横隔膜の痙攣が治まる。

②咽頭刺激法・・そのままです。咽頭を刺激して咽頭反射を起こさせる。失敗する?と、ゲロを吐くけれど、しゃっくりは止まる・・と思う。

 小生の場合、①で止まります。息を出来る限り止める・・と同じ行為ですが、袋で再呼吸する方が苦しくないですよ。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2008年12月 2日 (火)

オルタネータ修理完了:退院

 ピットインした翌々日に修理完了の電話をもらった。

小生としては「現品修理」してもらいたかったのだが、結局リビルト品との交換になってしまった。

依頼している工場は正規のボッシュ認定工場なので、入れ替えられたオルタネーターにも心配はしていない。

比較的安価(工賃も含めて約6万)に済んだのも良かった。

・・・ハンドルを切った状態で車庫から降りる(段差約40cmに鉄板を渡してある)時に発生する「ギャギョン」とも聞こえる異音は・・やっぱり問題だわな。

 また修理入院かよ。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

« 2008年11月 | トップページ | 2009年1月 »