« 2008年8月 | トップページ | 2008年10月 »

2008年9月27日 (土)

追突されてしまった

 信号待ちで停車している所へ、脇見運転のおばちゃんに追突されてしまった。

 小生の車は押し出されて前の車へ接触。

 最初に追突したおばちゃんは確かに悪いが、(押し出された)小生が追突したねーやんの態度が許せない。

 「ワタシは被害者だから」を連発するのだ。

 怒れてきて、言ってしまった「オレだって被害者だ!」。

 小生の車はトランクが閉まらなくなり、ナンバープレートが曲がった。フロント側は(ざっと見た限りでは)グリルの桟が凹んだ程度(だけだと良いが)。マフラーカッターにも傷が付いていたので、押し込まれていなければ良いが・・。

 月曜になったら早速工場へ持ち込み、専門家にゆだね、診断してもらう事にしてある。シロウトには判らない破損を見つけてくれる事だろう。

・・ま、何より(今のところは)首とかも痛くない。

 追突した車は国産の中型車。結構ハデに壊れていたので、自走出来たかは不明。

 ボロでもベンツに乗っていて良かったと思う。

 ・・・ちゃんと修理してもらえるのかが今一番の不安。何分古い車なんでねぇ。

| | コメント (4) | トラックバック (0)

2008年9月11日 (木)

ポルシェ 924 944

 A/T動作不良を何とかしようと色々あがきまわって、有名(?)なアウディポルシェのパーツリストを入手したので、本当にアウディの部品と同じなのかを調査してみた(ミッション以外にもアウディのパーツが多用されているらしい。今回のハナシはオートマミッションについての考察)。

先ず・・分解図は・・同じ。ぉおオっ!!パーツナンバーも同じ(物も多い)ぢゃないかっ!!

とりあえずこれでパーツ供給に不安は無くなった(本当か?)。

知っているヒトは多いと思うけど、アウディの部品はバカ馬鹿ばか高い。ひょっとすると、もしかしてポルシェの部品の方が安価かも知れない。

・・部品供給がアウディ→ポルシェだと同じかな。・・しかし、ひょっとするとポルシェ純正マークが付くだけで安価になる可能性も有る。

 聞いて見ても良いね。ヤナセはポルシェ扱っていたっけ?

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2008年9月10日 (水)

ナンバー灯/トランク灯ハーネスの修理

 昨日の診断に基づき、トランクのハーネスを調査してみた。

 トランクヒンジの屈曲する部分で、配線が1本断線し、残りの配線も被覆がひび割れていた。

 ナンバー灯とトランク灯用プッシュスイッチからコネクタを抜き、配線を引き抜き、工作室へ持ち込み、屈曲しない直線部分で20cm程配線を継ぎ足し、劣化した部分を同じ20cm程切除した。

 配線を引き抜く時には「呼び線」を付けておいてから引き抜く事。

 呼び線は、針金でもヒモでも何でも良いです。配線を元に戻す時、呼び線にテープ等でくくりつけて置いて、引っ張れば元の通りに設置出来ます。

 トランクにもぐり込み、半田付けをして修復。接合部は熱収縮チューブで絶縁した。

 屈曲する部分にはシリコンスプレーを吹き込んでおいた。

 これでまた10年位は機能すると思われます。

 本当は継ぎ足しではなく、製造の新しい柔軟なコードで、完全に作り直す方が良いでしょう。

| | コメント (2) | トラックバック (0)

2008年9月 9日 (火)

電球切れ警告灯が点灯した

 単純にヘッドライトスイッチの接触不良では・・と、何度か廻してみたけれど、点灯している。やはり何処かの電球が切れたらしい。

 コンビニに寄ったついでに確認したところ、ナンバー灯が両方点灯していない。

・・本日早速ナンバー灯を確認してみた。・・く、黒い。18年間未交換だね。しかし、目視した限りではフィラメントは切れていない。

 取り外して、電源装置につないでみるとちゃんと点灯する。

とりあえず元通りに戻して、コネクタ迄電源が来ているかを確認することにした。

テスターを用意し、エンジンをかけ、後ろへ戻ると・・両方ちゃんと点灯している。

しかし、トランクを上下すると不点灯が再現する・・コレはアレですね。

アウディでも経験した、ハーネスの断線ですな。

近日中にカバーを外し、ハーネスを作り直す予定。早くしないとね。ショートして燃えるのはイヤだから。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

« 2008年8月 | トップページ | 2008年10月 »