« 雨の日に乗ってみました | トップページ | GSXR250Rの整備をした »

2008年4月15日 (火)

カーナビ本体をトランクへ移設した

雨漏り修理で運転席を外していたので、これを機会にカーナビ本体をトランクへ移設した。今までは、右後部座席の床面に置いていた・・・カーペットが雨漏りでぐしょぐしょになっているのに気付いてあわてて外しましたが。

 電源はシガーソケット(裏側の配線)を分岐し、保護チューブを被せてロックポンプの所迄送った。運転席側カーペットをめくると、ベンツ自身の配線ダクトが有るので、そこへ併せて入れた。

アースはロックポンプの電源を分岐した。

リアシート背面を外し、グロメットから各種配線をトランクルームへ。

さて、仮配線をして・・イグニッション~オ~ン!!・・・???ナゼ?ナビが起動しないよ。

以下、トラブルシューティング①電源が供給されていない・・・ナビのコネクタを外して、電源が来ているかを調査・・・おぉ、12Vが来ていない・・ナゼ?

②分岐元のシガーライターに電源が供給されていない(フューズ切れ)・・・中心電極にテストリードを当てて、電源を確認・・切れてない。

③アースが取れていない・・ナビ本体とボディ間の抵抗値は0.03オーム・・アースは取れている。

④シガーライターユニットを元の位置の戻す時に、裏側のコネクタが抜けた・・・もう一度灰皿ユニットを外し、確認・・・きちんとコネクタは嵌っている。

・・・・も、もしかして・・分岐直後にフューズを入れたが・・・・フューズケースの蓋を開けると・・・入ってな~い。そう云えば、配線が全て完了してからフューズをセットしようと思っていたのだった。

早速10Aのフューズをセットして、再び電源オン。今度はきちんと動作しました。

基本的な事で時間を費やしてしまいましたが、併せてリモコンロックの取り付けをした。電源は同じくロックポンプから分岐しておいた。

ロック信号線(緑)を切断し、間にリモコンユニットを入れるだけ。

ウィンカー回路への接続は、次回に宿題。

動作試験は・・・完璧。

ますます雨の日に乗って、漏れ試験をするぞ。

|

« 雨の日に乗ってみました | トップページ | GSXR250Rの整備をした »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: カーナビ本体をトランクへ移設した:

« 雨の日に乗ってみました | トップページ | GSXR250Rの整備をした »