« 2008年3月 | トップページ | 2008年5月 »

2008年4月29日 (火)

今日から

・・7日間の北海道キャンプツーリングに出発。

しばらく更新はナイです。

帰ってきたら、ツーレポを書くカモ。

では、行ってきま~す。・・・安全運転、あんぜんうんてん!!

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2008年4月28日 (月)

エアコンの動作確認

・・をした。と、云うか、あまりに暑くてエアコンを動かさざるお得なくなってしまったのです。

 問題なく冷えて、ホットしました(ジョークなの?)。

 アウディはエバポレーター、コンプレッサー共に未交換なので、ちょっと心配だけど、とても良く効きます。

コンプレッサーはデンソー製。もしかしたら、冷凍系は日本製カモ?あの頃のヤナセは力が有ったから、メーカーにかなりの影響力が有ったのでは・・と想像してます。

29日からは渡道して7日間のキャンプツーリング。今年も道東かな。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2008年4月26日 (土)

てんやわんや

・・車/バイク/仕事の三つ巴で、てんやわんや。パッキングがナニも済んでいない。あぁ、去年マフラーで穴があいたサイドバッグの修理がぁ・・あぁ、去年壊した雨具のバインディングが・・等々。

 おまけに先日購入したタンクバッグは、ハズレ。安価なモノは理由があるし、ちゃんと現物を確認して買わないとダメだな。

 ・・・なんとかしなくちゃね・・・。

 西に行った友人の夢をみた。一晩中楽しい夢で、人となりを思い出したし、元気をもらった。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2008年4月21日 (月)

タンクバッグを新調した

SCOYCO・・とか云う会社のタンクバッグを購入した。なぜなら、10年以上愛用していたタンクバックの縫製部分が破壊されつつ有るからだ。

 デザインは、今まで使っていたバッグによく似ている。因みに、今まで使っていたバッグの製造会社は数年前・・倒産した。そう、有名なアノ会社です。もしかしたら、SCOYCO社と因縁が有る会社なのカモ。

 使い勝手が良かったので、南海部品に同じ様な形のモノが無いか探しに行ったのですが、無くて、海をさまよっていて、発見しましました。

 実際には、手許に届かないと良否は判らないねぇ。・・比較的安価に入手出来たから、ま、イイか。

 出発まで1週間を切ると、もはや天気のコトしか考えられない。

今年も良い天気でありますやうに!!。

***残念なお知らせ

3回程使ったらチャックが破壊されてしまった。スライダーの精度が悪い。もちろんYKKぢゃない。

あえて言おう。絶対買ってはいけない

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2008年4月20日 (日)

GSXR250Rの整備をした

 今年のゴールデンウィークも北海道に出かけるので、GSXの整備をした。

先ずはオイル交換。20W-50と10W-40を半々にして約3L(もちろん両方共ホンダ純正・2輪用)。

 次にフロントパット×2セット(フロントはダブルなので)。リアは去年替えたばかり。

 そして、チェーンにはRK純正チェーンルブ。

 昨年HID(PIAA4輪用を改造)を付け、リアコンビネーション灯もLEDにし、完全なアーシングをしたので、バッテリーの具合がよろしい。

 バッテリーは、長い間バイク用の純正品(MF7Ah)を購入してきたけれど、昨年からリースアップの中古MFバッテリー(無停電電源用らしいので、厳密にはクランキングアンペアが十分取れず、極板にも負担がかかっていると思われる)を電気街に行って購入している。

 ファストン端子なので、端子に短いワイヤを半田付けして、それにボルト/ナットで車両側端子を留めている。

 ・・・なんせ安い。1個1000円(税込み)しかしない。毎年交換してもへっちゃらな値段である。因みに今年も購入してきました。

今バイクに付けているのは、外してUPSに接続する予定。・・本来の役目に戻るワケだね。

 懇意にしているバイク屋でETCを付けてもらう予定だったが、今年のG.W.には間に合わないねぇ・・3月初旬から頼んであったのにぃ・・。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2008年4月15日 (火)

カーナビ本体をトランクへ移設した

雨漏り修理で運転席を外していたので、これを機会にカーナビ本体をトランクへ移設した。今までは、右後部座席の床面に置いていた・・・カーペットが雨漏りでぐしょぐしょになっているのに気付いてあわてて外しましたが。

 電源はシガーソケット(裏側の配線)を分岐し、保護チューブを被せてロックポンプの所迄送った。運転席側カーペットをめくると、ベンツ自身の配線ダクトが有るので、そこへ併せて入れた。

アースはロックポンプの電源を分岐した。

リアシート背面を外し、グロメットから各種配線をトランクルームへ。

さて、仮配線をして・・イグニッション~オ~ン!!・・・???ナゼ?ナビが起動しないよ。

以下、トラブルシューティング①電源が供給されていない・・・ナビのコネクタを外して、電源が来ているかを調査・・・おぉ、12Vが来ていない・・ナゼ?

②分岐元のシガーライターに電源が供給されていない(フューズ切れ)・・・中心電極にテストリードを当てて、電源を確認・・切れてない。

③アースが取れていない・・ナビ本体とボディ間の抵抗値は0.03オーム・・アースは取れている。

④シガーライターユニットを元の位置の戻す時に、裏側のコネクタが抜けた・・・もう一度灰皿ユニットを外し、確認・・・きちんとコネクタは嵌っている。

・・・・も、もしかして・・分岐直後にフューズを入れたが・・・・フューズケースの蓋を開けると・・・入ってな~い。そう云えば、配線が全て完了してからフューズをセットしようと思っていたのだった。

早速10Aのフューズをセットして、再び電源オン。今度はきちんと動作しました。

基本的な事で時間を費やしてしまいましたが、併せてリモコンロックの取り付けをした。電源は同じくロックポンプから分岐しておいた。

ロック信号線(緑)を切断し、間にリモコンユニットを入れるだけ。

ウィンカー回路への接続は、次回に宿題。

動作試験は・・・完璧。

ますます雨の日に乗って、漏れ試験をするぞ。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2008年4月12日 (土)

雨の日に乗ってみました

腐り穴を塞ぎ、ドレインを掃除し、更に米国から届いたウェザーストリップを交換して、雨の日に乗ってみました。

カラリと晴れた次の日、もう一度シートを降ろしてカーペットをめくってみました・・「濡れてな~い!!」。

も、もしかして完治したカモ??

長年の悩みが解消したかも。・・こんな事なら面倒くさがらず、早くシートを降ろしてみれば良かった。

 ま、しばらく普通に乗ってみて漏れ具合を確認するとして、シートを外したついでにカーナビをトランクに移設する為のワイヤ引き直しと、以前購入しておいたリモート・ロックの取り付けをする事にした。

 しかし・・・こんな腐り穴が空いてしまっている様では目に留まらない腐りが他にも一杯有りそうな気がする・・アウちゃん(アウディ80のウチでの呼び名)みたいに20万キロは無理かもしれないなぁ。

 

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2008年4月 8日 (火)

ドアロックポンプの整備

・・をした。キーのロック/アンロックは正常に機能していたけれど、ロック時に、ポンプが停止するまでの時間が妙に長い事に気付いていたからだ。

 ポンプユニットは簡単に分解する事が可能だったので、早速調査した。

 度重なる浸水で、中が湿気ってしまい、その結果、基板上のリレー接点が汚損して、導通が不十分になった事が原因であった。

 名刺を短冊に切り、両面をHB鉛筆で塗りつぶし、接点を閉じた状態で挟み込み「コシコシ」磨いた(以前にも書いたかもしれないが、紙ヤスリなどで磨くべきではナイです。接点の表面処理部分((ロジウムとか))が削れて無くなってしまいますよ)。

ハンダ面は、アヤシイ所を再ハンダして補修しておいた。

続いて真空ポンプの整備を・・ポンプは単純なベーンタイプだった。圧はそれ程取れないけれど、連続運転可能だし、なにより寿命が長い。分解してキムワイプで拭くのにとどめておいた。

ポンプ吸引口と、圧検出ユニット口各々にビニルテープを1重に巻き、しっかりと嵌り込む様にした・・本体ゴム部が広がり、パカパカになりつつあったので。

動作試験の結果、ロック/アンロック共に短い時間のみのポンプ駆動になったし、力強くロックするようになった。

・・・湿気はイカンね。

| | コメント (2) | トラックバック (0)

2008年4月 7日 (月)

穴を塞いだ

ドライバーズシート後部を固定している床リブと、センタートンネル、サイドシルが接する部分に、各々5mmΦ、5mm×50mm程の錆び穴を発見した。

更に、サイドシル底面(道路側)前・後のゴム一方弁(ドレイン)に詰まりが有り、外してみた所、錆び水が若干排出された。 清掃して再度セットしておいた。

サイドシル前面(タイヤハウジング側)に、亀裂や錆び穴が無いか確認する為に、タイヤハウジングカバーを外して精査したが、浸水口は確認出来なかった。

これは小生の想像だが、一番の浸水口はセンタートンネルに空いた穴ではないだろうか。直径は5mmと小さいが、回転するプロペラシャフトに巻き上げられた水が侵入して来るとしたら・・。

 この穴はPOR-15とガラスクロスを使って封じ、サイドシル側の細長い穴はGM-8500(高性能?エポキシパテ)を使って封じた。

(POR-15とガラスパウダーを適当に混ぜると、安直な「PORパテ」が出来ます。あまりパウダーを混ぜすぎると、強度に欠けると思われます)

後は、注文しておいたウェザーストリップが届いたら交換するだけ。

雨の日が待ち遠しい・・とは言い難いが、コレで雨漏りが止まってくれたら大喜びですよねぇ。成果が期待されます。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2008年4月 3日 (木)

オルタネータの整備:追補

 座ったままのサーフィンをしていたら、全く知らなかった重要事項を発見した。

それは・・ポジドライブ

オルタネーターボディのネジはやたら固く締まっていて「ネジをナメて、頭を飛ばして分解した」等と云う報告を良く読む。小生も2つオルタネーターを分解整備したが、何本かは頭をナメてしまった。

原因はポジドライブネジをISOドライバーで廻そうとしたからだったかもしれない。

ポジドライブやISO規格については、専門家の書いたページを参照してほしい。

・・・こんなモノが有ったとは、全く知らなかった。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2008年4月 2日 (水)

補機からと思われる異音発生

 補機からと思われる異音が発生した。

 朝一番に始動する時(エンジンが冷えている時)に発生すると思われる。

どちらかと云うと回転に同期する「シャリ音」なので、どこかのベアリングがクサイ。

ベアリングと診断して、先ず思ったのが先日自分で整備した「オルタネータ」。

早速、完璧に整備して厳重にパッキングしておいた予備品と交換してみた(外したオルタネータは、異音も無く軽く回り???なのでした)。

試運転では、異音が無く「やっぱり整備はプロに頼まにゃダメかぁ」と少々落ち込んだが、次の日買い物に行くとき、再び発生・・原因はオルタネータぢゃないみたい。

と、なると、エアコンプーリーかパワステかウォーターポンプしか無いじゃん。

20年間一度も交換してないのは、エアコンとパワステ。

このどちらかに原因が有るのでは・・と、今のトコロ考えてます。

実地診断の結果は、近い内に・・BB号の雨漏り対策で、手一杯なので。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

« 2008年3月 | トップページ | 2008年5月 »