« ナビのアッテネッター出力 | トップページ | ヒーターの不具合 »

2007年12月19日 (水)

天井内張の剥がれ

 17年間も屋根ナシで過ごしてきたBB号(BロイBンツ)は、昨年辺りから天井内張が剥がれてきた。先達の考察通り、ウレタンが加水分解してしまったのだ。

 幸い(?)な事に近所に専用内張を小売してくれる内装店があり、野暮用の折、たまたま通りかかったのでノウハウ等を聞こうと訪ね、つい、購入してしまった。

 購入したからには自力で張り替えるしかない。

 一番の問題&疑問は「はたして内張はドアから出せるのか」だったのだが、店主によると「可能である」とのお答え。

 w124セダンの場合、プロである店主は前後共シートを外さず、外に出すそうである(素人の小生には、はなはだ疑問ではあるけれど、実際作業されている方のお答えなので、それは正しい)。

 ただ、リアシート座面は外した方がやり易いらしい。外すのも簡単だし、無論そうしてみる予定。

 接着剤について結構シツコク聞いたのだが「プロ用でスプレーガンで塗布する」としか聞けず、銘柄などは教えてもらえなかったが、ボンドG17のスプレーのりを使ってみても良いと云う事と、やはり、劣化したウレタンをきれいに除去するのがコツと云う事を教えてくれた。

 劣化ウレタンの除去には、亀の子たわしが最適であるとの事。

 下地をきれいにしたら、接着剤を下塗りし、内張を貼る時、再度両方にのりをつける・・と云うのが2つ目のコツ。

更に突っ込んで聞くと「根性ですね」とのお答え。

 最近寒いケド、根性で張り替えしてみます・・何と言っても生地を買ってしまったのでね。

 そうそう、スプレーのりは先達の意見から「コニシ Z3」にしてみようと思う。3Mの物はのりの色が黄色で、透けて見える可能性が有るらしいので。

 完成の折には、詳細をアップしようと思っています。

|

« ナビのアッテネッター出力 | トップページ | ヒーターの不具合 »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 天井内張の剥がれ:

» 「スプレーガン」についてのクチコミブログをピックアップ [クチコミブログをピックアップ]
スプレーガン に関連するブログ記事の検索結果から最新の口コミ情報、オススメ商品を紹介… [続きを読む]

受信: 2007年12月20日 (木) 18時26分

« ナビのアッテネッター出力 | トップページ | ヒーターの不具合 »