« 天井内張の剥がれ | トップページ | 今年2度目の風邪をひいた »

2007年12月22日 (土)

ヒーターの不具合

 ・・に気づいていた。設定ダイアルに関係無く熱風が出るのだ。寒い時期とは云え、最高温度だと、さすがに暑い。

 左右共に調節が効かず、コールド側にしても熱風が出てくる。

 これは温度調節機構の「フォルトモード」で、ヒーターバルブが(設定にかかわらず)全開になっている。

 念の為設定温度を22度にし、ボンネットを開け、ヒーターバルブが作動しているかを確認したが、動作していない(定期的に「コツコツ」いわない)。

 クライメートコンピュータあるいはヒーターバルブ、更には両方(!)の故障を疑ったが、もっともアヤシイのは・・前回アノ辺りのパネルをいじった事。

 確かにクライメートパネル裏のコネクタも抜いている。思い起こせば、障害の発現も丁度その頃からでは・・。

 早速ウッドパネルを外し、コネクタを確認してみると・・オォッ!!コネクタが浮いている。

 何の事はない、コネクタがきちんと接続されていなかっただけだったのだ(外した方はご存じでしょうが、あのコネクタは、固い)。

 再び22度に設定し、ヒーターバルブを確認・・コツコツ言っている・・OKでした。直った。

 あやうく数万円散財するトコロだった・・が、17年交換していないバルブは、コワイ

|

« 天井内張の剥がれ | トップページ | 今年2度目の風邪をひいた »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: ヒーターの不具合:

« 天井内張の剥がれ | トップページ | 今年2度目の風邪をひいた »