« 2007年2月 | トップページ | 2007年4月 »

2007年3月26日 (月)

GSXのアーシングをした

昨年の北海道ツーリングで遭遇した#3キャブからのオーバーフローだが、不思議な事に再発が無かったのだが、昨日一寸乗ったら、おおまいごっど、ガスくさい。

キャブドレンからガスがタラーリ。ドレインが集合管の上に有るので、ガスが蒸発している。・・危険だよねぇ。

早速分解して精査してみるも、昨年北海道で開けた時同様、異物らしきモノは見あたらない。何故なんだろう?

念の為フロートレベルを調べても、正常範囲。

保存してある(現車にはコブラかバンディトのキャブを付けてます)オリジナルのキャブにはニードルバルブの前にゴミ除けの小さなパーツが有るので、それを外して取り付けて、更に全てのキャブのO-リングを新品に交換しておいた・・試乗時にはオーバーフローは止まっているように思えたが、長距離ロードテストが必要だろう。

 以前からスターターの回転が低い様に思えていたので、スターターの分解清掃調整も併せて行った。カーボンブラシやコンミュテーターにも異常は無かったので、各部を清掃し、グリスアップをした。

 そして、タイトル通りアーシングをしてみた。車(アウディ)に装着したところ、結構効果が有る様に思えたので。

そ・れ・が・・大正解。オリジナルはバッテリー「-」端子から1本だけエンジンブロックにアースが取ってあるのだが、どうやら経年変化で導通不良だったようだ。

マイナス端子からスターター固定ボルトとフレームに新たにアース線を引いたところ、スターターの回転だけでなく、アイドリングまで安定してしまった。

試乗では明らかにトルクも増え、完全に着火/燃焼している様に思える。

調子が悪かった原因の一つは、どうやらアース不良だった様だ。

雨の中でも平気で乗るので、リークしているのが原因だと思い、あちこちを自己融着テープで絶縁処理をしても今ひとつだったので、コレで決着してくれると有り難いものだ。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2007年3月20日 (火)

今まで黙っていたのだが・・

アウディのトランクに尋常ぢゃないくらい雨漏りしていました。2年程前に岐阜県の山奥に有る旅館へ泊まりに出かけた時、山間部に良く有る「強烈な夕立」に遭遇した後、たまたまトランクを開けたところ、2cmは水が溜まっていたのでした。

その後、普通の雨程度でも浸水する様になってしまい、友人をトランクに閉じこめ、外から放水攻撃して調べてもらったりしたのですが、判らないのよ、侵入箇所が。

で、パッキンを換えたり、ブチルゴムを塗り込んだりしていたのだけれど、先日遂に発見してしまったのです。

リアウィンドー右下、パネルの接合部のパテに髪の毛程の亀裂が有るのをねっ!!

トランクは10年程前に一時停止で停まった小生の車に、停止を無視して突っ込んできた若者の車に破壊されて、ヤナセに修理に出した経歴が有ります。

・・・いくらヤナセでも10年前の修理にクレームをつけても無理だろうな。

ブチルゴムをアセトンで溶いた液を注射器で注入した。・・これで雨漏りとはオサラバか?

事故は10対0だったけれど(当然)この様に障害が後に現れる訳だからつまらない話だね。

車に限らず人体の障害も同じではナイかな。くわばらくわばら。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2007年3月 6日 (火)

GSXR250Rのオイル交換をした

恒例の「北海道詣」の準備でバイクのオイル交換をした。友人から譲り受けてはや十数年・・その友人も西方へ永の旅に出てしまいもうすぐ1年。

走行距離は52000KM超。あちこち手を入れてはいるけれど、不安は無いか・・と言われると、う~ん・・。

ま、とりあへずホンダ純正10W-50を入れて、摩耗分を補ってみました。

| | コメント (0) | トラックバック (2)

« 2007年2月 | トップページ | 2007年4月 »