« ウォシュレットの修理 | トップページ | GSXR250Rのオイル交換をした »

2007年2月17日 (土)

石油ファンヒーターの修理

 SHARPの石油ファンヒーターが友人の店の横に捨ててあったので拾ってきた。一応点火はするのだが、炎の形と色がおかしいし、直ぐエラーが出て止まってしまう。

以前修理したCORONAのヒーターは、不良灯油(夜間徘徊とかしている訳ではない)使用で、気化ポットの中に炭化物が蓄積していた。修理はポットを外し、サンドブラストしただけで簡単に直った。

その事を思い出し、友人には「簡単に修理できるよ。直ったら店で使って」と言って、引き取ってきた。

早速外装を外してみると、コロナ製とは気化器の構造が違う。さすがシャープ・・と思ったが、サーフィンしてみると、何処も同じ原理の気化器を使っていた(「ラジウス」タイプ・・と通称されるらしい。ラジウスねぇ・・小生はアッチのラジウスを思い浮かべるね。ま、灯油を使ってゴウゴウいわせるのには変わらんか)。

気化器は、車で云うと「インジェクション」だった。・・早速分解。故障原因はご多分にもれず不良灯油使用に因る炭化物の蓄積が原因だった。

インジェクション本体の油量調整ニードルや、スリーブ内にカーボンがびっしり。ノズルも詰まっていた。

インジェクションボディにバインドしたセラミックヒーターで加熱して、蓄積したカーボンを燃やしてしまうと云う「クリーニングモード」が有るのだが、分解した限りでは、その程度では直るとは思えない。

さくさくっと分解して、掃除。本体タンクには水が溜まっていた。

あのカーボンの着き方は異常に思える。ひょっとしたらジュースとか牛乳とかをこぼしたのが入り込んだのかもしれない。

 さて、試運転・・よい、良い。きちんと点火し、カロリー調整もオッケー。臭いもしない。

念の為、クリーニングもする事にした。説明を読むと、程度によっては3回程連続してヤルと良いらしいので、3回やってみた(1回2時間程なので、6時間以上かかった)。

分解清掃だけの時よりは、全力運転時の炎の形や色が良くなった・・ようだ。

ポット気化器は能力の微調整が効かないが、動作機構が無いので、製品寿命は長いだろう。

ラジウスタイプは色々微調整が効く分だけメカが多すぎる。製品寿命も長いとは思えない。

ちなみに家で使っているファンヒーターはCORONAの「ポット式」である。

 直したヒーターは近々れっどとっぷに納品する予定・・っーか、早くエアコン直したら?

いつもの警告:灯油漏れ・漏電は即、火災発生につながるし、不完全燃焼は、流行りの一酸化炭素中毒で「死」につながります。追試を試みるのは自由だけれど、責任は自分に有るのを忘れずに。

|

« ウォシュレットの修理 | トップページ | GSXR250Rのオイル交換をした »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 石油ファンヒーターの修理:

« ウォシュレットの修理 | トップページ | GSXR250Rのオイル交換をした »