« 2006年12月 | トップページ | 2007年2月 »

2007年1月24日 (水)

アウディのダッシュボードを外した

 低年式の独逸車には良く有る事だが、ご多分に漏れず小生のアウディも空調吹き出し口から劣化したスポンジが吹き出して来る。

これはエバポレーター内部に有る吹き出し口をセレクトするフラップに貼り付けてあるスポンジが劣化して出てくるのだ。

初めは座席下への吹き出し口から手を突っ込み、掃除、張り替えをしていたのだが、更に奥にある冷/温切り替えフラップにだけどうしても手が届かない。よしんば届いても、張り替えると云う行為が出来そうにない。

やむおえず、いやいや、しぶしぶ現実を鑑み、ダッシュボードを外す事にした。

ダッシュボードを外して、ようやくこのフラップのスポンジも張り替える事が出来た。

現状に復帰させる迄に16時間も掛かってしまったし、腕には擦り傷をいっぱいつくってしまった。

もう一度ヤレ・・と言われても・・イヤだなぁ。

張り替えの結果、効きが悪いと思っていた暖房能力が復活した。冷/温フラップのスポンジを張り替えた効果だろう。

 補足:何故かは判らないが、フラップには軽量化の時よくやる様な穴がいくつも開けてあるのだ。スポンジが劣化し脱落すると「ただの穴だらけフラップ」になり、風を制御出来なくなるのだ。当然冷風・温風が混ざってしまう・・つまり冷房も暖房も効きが悪くなるのだ。・・何故設計者は単なる板にしなかったのだろうか?

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2007年1月23日 (火)

アウディのテンパータイヤ

・・・が、破裂した。正確に云うと、サイドウォールが剥がれた。べろりーん・・とね。爆発した訳ぢゃないのよ。

小生の記憶がある限り、2回は使ったと思う。

別件でトランクからいろいろな荷物を外へほっぽり出している時、テンパータイヤも取り出した訳だが、ふと見ると「剥がれていた」のです。パンク等で、使おうと思った時に気づいた訳ではないのが本当の幸い。

小生は結構几帳面な方だと思うのですが、テンパータイヤの空気圧もちょくちょく確認して規定の「420パスカル」に合わせていた。

正規のタイヤより幅が狭いので空気圧もそれに合わせて高く設定されている。トランク内の高温と、高圧。なにより・・まぁ20年も経てばしょうがないわな~ってトコ。

アウディ・ネタは後2つ手持ちが有りますので、そっちの趣味のヒトは待ってねぇ。

一応データを:コンチネンタルT125/90R D15 96M オートバックスでバルブも替えてもらい、回収費も含めて11642円でした。・・・テンパータイヤの新品買うヤツなんて居ないよなぁ? 

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2007年1月 9日 (火)

リモコンレピーターの製作

冬休み中にリモコンレピーターを作った・・正確に云うと、リベンジなのだ。

ずいぶん昔にラジオライフ誌に載っていたレピーターを作ってみたが、上手く作動しなかったのだ。この時は編集部まで電話で問い合わせたりして調整したが、どうしても動作してくれなかった。

この記事では38kHzの発振に555を使っていたのだが、今思うに発振用のコンデンサがいけなかったのではないかと思う。なにしろ通常の電解コンデンサを使っていたからだ。

その後、セラロックで発振させ、分周して正確に38kHzを作る別回路を作り、注入してみても上手く動かなかったので、そのままうっちゃってあったのだ。

 年末にdvd/hddレコーダーを新設し、不感地帯が広がってしまい、やむお得ず、いやいや、しぶしぶ再作成にとりかかったのだ。

 先ず、以前作った38kHzから検証。デューティー比は50%になってはいないが、ほぼ正確に38kHzで発振しているようだ。

次に、 NAND回路を「正確に」組んで、発振器と組み合わせた・・・どうしても動作してくれない。何故??空き回路処理もしてるし、バイパスコンデンサも入れてある??ベタアースぢゃ無いとダメか?・・色々試してみるも、結局上手く行かないので、またまた諦めてしまった・・発振回路別組み・・は、ね。

 NAND回路2つとコンデンサで発振回路を組み、そのままIRIC出力とミックスする回路をバラックで組んでみた・・おっと、IR出力が逆だ・・インバータを1つかまして・・おォ、成功ぢゃ。

 バラックから正規?の基板に転写して作製したが、動かん・・浮いていた入力が悪さをしていたようだ・・まとめてプルダウン・・あぁ、ようやく動いたよ。

 と、云う訳で数年に渡る不感症はなんとか解消したのでした。

・・・555発振回路での動作不良原因は不明。単体ではきちんと発振してるのにね。製作記事の報告や、再現性が良い・・等と云う記事を読むんだけどねぇ。・・判らん・・あ、あけましておめでとうございます。今年もよろしくおねがいします・・ジャンクな事するぜぇ。

| | コメント (0) | トラックバック (1)

« 2006年12月 | トップページ | 2007年2月 »