« 2006年9月 | トップページ | 2006年12月 »

2006年10月28日 (土)

アウディB3パーツ価格高沸

以前からブリーザー関係のホースが劣化し、大気を吸引してしまっている事に気がついてはいた。

 エンジンルームの奥で、スロットルバルブやインテークチャンバー等の下/奥に有り、上からも下からも良く見えず、なおかつ手も入り難い位置にあるので、今日までノータッチでいたのだ。

いつ頃からか十分暖気したのにも関わらず、アイドリングが1000rpm/sec辺りをふらふらするようになってしまった。ふらふらするのはもう諦めては居るけれど、標準回転は800-900rpm/secなので明らかに多い。

そんな訳で、禁断(面倒・・とも云う)のブリーザーホースを点検してみた。・・やはり手が入り難いので、バッテリーを外さなければならなかった。

以前から目を付けていた部分は、プラスチック製の”T-チューブ”が折れていた。最悪なのは、インテークマニホールド奥(インジェクター設置箇所辺りに有る)からインテーク・エアダクトに繋がるホースだった。

 マニホールド側の接続口がシリンダーにごく近いと云う事と、真下にエキゾーストマニホールドが位置する事からか、ホースバンド部分でゴムがトロトロになり、千切れていたのだ。残った断端を触ると、ペースト状に変化する程の劣化である。

 本来陰圧になるべきインテーク付近で大気を吸い、クローズドサーキットであるはずの”アイドリングコントロール”回路も大気解放されてしまっている・・。

アイドリングの安定は望むべきも無く、燃調にも影響を与えていたに違いない。事実燃費は向上したようではある(結果が出次第、報告予定)。

 惜しむらくは・・アイドリングが高いままな事であろう・・他に考えられる原因は・・・多岐に渡りすぎ、全てを検証/是正する事は不可能であろう・・まぁ、ぼちぼちいぢって行きましょう。

最後のトラブル・・ヤナセ部品課へ該当パーツを発注したのだが、たかだか20cmのゴムホースで平均5000円もする。プラスチックの”T-ピース”に至ってはナント5100円もする。重量比でイクと金よりも高価になる(・・と思うが、計算はしていない)。

 仕方なく、特殊形状のホースのみ2点を発注。それでも8400円(税抜)も掛かってしまった。

残りのホースは、形状に不満があるものの、バイクと国産車用汎用ホースで代用する予定である。

国産旧車のパーツも同じように高価なのだろうか(国産車の古いパーツはメーカー供給そのものが無いので、判断は出来ないカモ)?

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2006年10月25日 (水)

ER!

 ずいぶん遅咲きだとは思うけれど「ER」にハまって居る。遅咲きの利点は、次作が出るのを待たなくても良い事だ。

 小生の仕事と若干通じるものがあるので、ドラマとしてだけでなく「実用」に役立っている。特に、ドクターと患者との対話だ。

 無論「ER」はドラマだが、患者へのアプローチは上手くなったと思う。

小生のお気に入りはドクター・グリーン。子供と視線を合わせた会話、判り易い病状説明。大いに参考になる。

今回「Ⅷ」を観終わったので、DRグリーンの行く末が心配なトコロ。イヤ、まいったナァ。

閑話休題

シリコン系接着剤でクラックを補修した食洗器は水漏れせず、順調に稼働。基幹部品が壊れるまで使う事になるのだろうか?

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2006年10月13日 (金)

食器洗い機にトラブル発生

16年前に購入した日立の食器洗い機にトラブルが発生した。

 給水を制御している電磁バルブ(ソレノイドバルブ)の「ボディ」正確に云うとインレット側ネジ基部にヘアー・クラックが入ってしまったのだ。

洗浄時間を短縮する為に直接給湯(60度)をしていたのだが、熱的なダメージと、バルブがオン/オフする時の圧変化が屈曲する力を与えたらしい。

補修部品は・・とっくに製造中止。基幹部品に問題は無いのに、廃棄するのはねぇ・・。同居人の「新しいのを買おう」と云う声を背中に、早速修理。

面倒な事にバルブボディはABS製。適切な接着剤が無いんだよね・・結局シリコン/エポキシ系接着剤で圧を掛けてクラックに浸透させ、接着してみた。

明日にはセットし、機能検査が出来ると思う。

SKD等のソレノイドバルブに交換するのも手だが、あの手のバルブはウオーターハンマーの抑制に一手間掛かるので、ちょっとねぇ・・。最悪?そうするしか無いとは思う。(つづく?)

| | コメント (0) | トラックバック (1)

« 2006年9月 | トップページ | 2006年12月 »