« @niftyとのトラブル | トップページ | インター・コム »

2006年7月 6日 (木)

@niftyとのトラブル:解決

 コールセンターの対応にあきれ果て、クレームをつけている事自体に疲れてしまい、黙って(2重契約になっている無用の)一方の契約を切ろうかと思っていた。

 ところが昨日、サポートセンターの「別の部署」と云う方から電話がかかってきた。

「こちらのミスでしたのでお詫びして訂正します」

質問の日時、回答者の名前、質問の内容とそれに対する回答をキチンと記録していたのがnifty側が誤りを認めてくれた要因だと思う。

 また、小生がプロダイバー料金と回線使用料をまとめて払いたいと思い、niftyに相談をしたのはかれこれ2年程前から4~5回あり、なおかつその相談は直接電話ではなく、メールでの相談だったのだ。

無論回答はメールで帰ってくる。その回答が間違っていたのだ。

(コールセンターは認めなかったが)電話でのやりとりは絶対録音されている。しかし、事前に承諾を得ていないので、認める訳がない。

つまり電話でのやりとりは「言った、言わない」の水掛け論になってしまう可能性が高い。

大切なやりとりは、必ず記録に残しておかなければならないと云う訳だね。

 

|

« @niftyとのトラブル | トップページ | インター・コム »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: @niftyとのトラブル:解決:

« @niftyとのトラブル | トップページ | インター・コム »