« 2006年6月 | トップページ | 2006年8月 »

2006年7月31日 (月)

生ごみイーターの修理

久方ぶりのアップになります。みなさま(居るのか?)お元気でしたか。

 小生は本業(一応有るのよ、糊口をしのぐにはね・・嗚呼)が忙しく、なかなか予業(と云うのか?)に手が出せないでいたのです。

 我が家の National 松下電工製 生ごみイーター 1000タイプ EH431L-H が故障しました。

正確には「破損」し、同居人から修理のオーダーが入りました。

ミキシングフィン(撹拌羽)の溶接部から折れてしまったのです。

小生は喜び勇んで(?)松下電工・お客様サービスセンターへ電話しました。

小生:「もしもし、溶接部分から破断しました。製造上の瑕疵ではあ~りませんか?」

相談員:「お客様、当該商品は製造後既に7年が経過しておりますので、瑕疵と云うより   経年変化に因る劣化ではないでしょうか」

小生:「た、確かに・・」

 まぁ、しょうがないかな~と思っちゃった訳です。一応同じ申し出は無かったか聞きましたが、お答えは「御座いません」。当然だよな。

で、さくっと分解。羽を外して、ブラスト処理。そして車屋の紹介で建築電機?修理業店でバチバチ溶接してもらいました。代金は缶コーヒー6本。

問題は軸両端に有るオイルシール。NOK AG1024E と云う汎用オイルシールが入っているのだが、シール本体内部の鉄フレーム(金属環)が腐りまくっている。そこから漏れた生ごみ汁で、モーター側のプーリーを保持しているフレームが相当腐ってしまっていた。こちらは直ちにミルウォーキー製「花咲じい、タンククリーナー」液に漬けて除錆処理中。除錆後に半田盛りして修正し、防錆塗装する予定。

NOKのカタログに因るとこのオイルシールは「KC型、シール対象はグリース。他方には軽微なダストが有る場合」に使用する・・と有る。はぁ?生ごみイーター内部はとても軽微とは思えないがなぁ。

そんな訳で、対策部品(小生は羽の溶接共々リコールに値すると思うけど)が出ているかと思い、今度は松下の修理センターへ電話。

しかしながらオイルシールのみのパーツナンバーは存在せず、結局オイルシールが変更されたかどうかは判らなかった。撹拌羽が折れる、軸シールの固着、汁に因る錆び、等々かなりの機器が「サヨナラ」しているに違いない。

 小生は対策部品について問い合わせる前に、NOKに「軸シール4コお願いしま~す」と電話してしまいました(3年位経ったらまた交換しようかと・・)。NOKは個人でも差別せず、1個から発注に応じてくれるので大好きです。

 部品が揃い、防錆び処理が終了したら組み立てる予定。

現在進行中なので、先ずはこの辺で。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2006年7月14日 (金)

続:インターコム

もう少し情報を集めてから購入しようと思っていたインターコムだが、シェフとマネージャーにせっつかれて購入してしまった。

最初は高千穂?だったかの製品を勧められていたのだが(小生が出来るだけ安価にと話したので)、結局購入したのはi-comの4008wと云う機種だ。

耳掛け式のイヤホンマイク2ヶとピン・マイクタイプ*1、専用ニッカドバッテリー、同充電器、そして本体3台。 若干?の値引きを含めて5万円だった。

専用ニッカドと云っても、ほとんど組み電池同然。小生なら1器だけ購入して後は秋月のバッテリーで組んでしまうし、充電器も同じ。

しかし、全くのシロウトが運営して行くのだから、その点を考慮して純正で固めた訳なのだ。

 マネージャーは小生が領収書を差し出したとたん、渋い顔をした。もっと安価なモノだと思っていたようだ。

 小生も安価なシステムを一度は考えたが、結局は店の為を考えた末の購入だ(無論、もっと良い選択枝は有るには違いないが)。

 内心ちょっと高価すぎる買い物だったかもしれないと思っていた。

所が・・納品した当日の夜から運用を始めたらしいのだが、イキナリ小生の所へ「喜び」の声がっ!!

 むちゃくちゃ便利らしい。今まで有線電話を取り上げなければ話せなかったのが、黙っていてもマネージャーからの連絡が取れる。・・イイらしい。

 心配していた混信も今のところは無いらしいし、は~、良かったよかったぁ。

***明日からは新潟-能登の温泉にイキます。楽しみだなぁ(その為、さっきまで仕事してました)。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

続:インターコム

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2006年7月11日 (火)

インター・コム

知り合いのシェフ(洋食)からインター・コムを導入したいと相談を受けた。

ホールからのやりとりに使いたいのだそうだ。

小生は反対した。「インター・フォン(有線)の方が良いよ」。

しかしシェフは「オーダーが込んでくると、受話器を操作する余裕も無いんだ」と言う。

 ファミレスとか、大手焼き肉店で使っているのを観て、便利そうだと思っているのだと思うが、小生はそうでも無いのではないかと思う。

第一、耳掛け式にしろ、イヤホンを1時間でも付けっぱなしにするのにとても耐えられるとは思えない!!

絶対痒くなるよな-。

 どうしても欲しいと言うので、今日購入する予定ではあるが、今度はどのメーカーにするかで悩んでいる。

おすすめのメーカーは有りますか?

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2006年7月 6日 (木)

@niftyとのトラブル:解決

 コールセンターの対応にあきれ果て、クレームをつけている事自体に疲れてしまい、黙って(2重契約になっている無用の)一方の契約を切ろうかと思っていた。

 ところが昨日、サポートセンターの「別の部署」と云う方から電話がかかってきた。

「こちらのミスでしたのでお詫びして訂正します」

質問の日時、回答者の名前、質問の内容とそれに対する回答をキチンと記録していたのがnifty側が誤りを認めてくれた要因だと思う。

 また、小生がプロダイバー料金と回線使用料をまとめて払いたいと思い、niftyに相談をしたのはかれこれ2年程前から4~5回あり、なおかつその相談は直接電話ではなく、メールでの相談だったのだ。

無論回答はメールで帰ってくる。その回答が間違っていたのだ。

(コールセンターは認めなかったが)電話でのやりとりは絶対録音されている。しかし、事前に承諾を得ていないので、認める訳がない。

つまり電話でのやりとりは「言った、言わない」の水掛け論になってしまう可能性が高い。

大切なやりとりは、必ず記録に残しておかなければならないと云う訳だね。

 

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2006年7月 3日 (月)

@niftyとのトラブル

@nifty・・つまり大家とトラブルになっている。

事の発端は、小生がB-フレッツから@nifty with 光に乗り換えようと思ったことに発端がある。

小生は、今更珍しくも無いだろうが、パソコン通信歴10年超である。

所謂「パソコン通信」時代からニフティにお世話になっている。・・実際は「第二世代」と言えば良いのだろうか、全くの「コア」世代では無いが、後発組と云う訳でも無いと言えるだろう。

そんな訳で、ダイアルアップのパソコン通信時代->B-フレッツと云う光時代と時代に併せて乗り換えをしてきた訳だ。

パソコン通信時代にはプロダイバー料金と回線料金を別々に支払うのは当然・・と云うか、それしか選択の余地は無かったが、時代が進み、各々を一括して支払い、なおかつ、割引が有る・・と云う方法が出てきた。

ftthと云うモノが一般にも開放され、ほとんど直ぐに飛びついた小生には「支払い」よりも「通信速度」の方が大問題だったのだ。

 今回ftthの回線速度がアップしたのに併せ、小生も「ペイメント」と云う事に目を向ける余裕が出てきて、この2月に、色々調べ、かつ、ニフティの相談窓口の指導の基に「乗り換え」を行った。

 ところが、ぢつはコレが「乗り換え」では無かったのである。

 小生は利便性のみを追求するのみで、それ程「実務」に詳しい訳ではない。そこで前述の通り「相談窓口の指示通りに手続きを進める」と云うお願いをメールと電話で相談窓口に申し出た。

 その結果、プロフェッショナルでない、実務に疎い、相談員の指示は適切でなく、結果、ニフティ回線の2重契約を引き起こしてしまった。

小生は「台本」通りに事を進めていたのだが、その台本が間違っていた。

半年近く、1度もアクセスしていないのに、1回線分の占有料を払い続けていたのだ。

・・それも、乗り換えが済んでいたとばかり思っていた「新回線」の方だ。

自分が「新回線」だと思って接続していたのは、何の事はない「旧回線」の方だったのだ。

 たまたま気になった「支払い明細書」が目に付かなかったら、いつまで払い続ける事になったのだろう。

小生は即座に相談窓口へ電話をした。

・・・そんなモン、役に立つ訳ないよな。所詮時間いくらで雇われた人間で、詳細に詳しい訳もない。

 裁量権のある人物に電話を替わってくれ・・と言っても「できかねます」。

なんだ、これぢゃあ「逃げ」じゃないか。

小生は自営業者で、顧客からの苦情は直に受けている。いざとなったら、腹でも切れるぞ!!

ごらぁ、巨人・富士通。オレみたいなゴミの言う事も誠実に受け止めろぉ!!!

 返答は、過去の小生からの質問とかを詳細に検討した結果お知らせします・・だ、そうだ。

このブログで順次公開していくぞぉ。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2006年7月 1日 (土)

磁気キャッチャー式ホック

 今日の朝刊の、所謂「読者からの声」欄に磁気キャッチャー式ホックのバッグに、①車のリモコン②腕時計③磁気カードを入れていて「それが原因」でリモコンのバッテリー容量が減少し、腕時計は(液漏れからか?)分解修理が必要になり、磁気カードはデータが飛んでしまった・・と云う内容の投書が掲載されていた。

 小生がすなおに納得出来るのは③の磁気データの異常を起こした・・だけである。

 ②の腕時計については、着磁に因る不具合も考えられるが、分解まで必要だろうか?消磁器に丸ごと入れるのではダメか?・・クォーツなら、ステッピング・モーターのコアが消磁されるとマズイか。その場合は、確かに分解が必要であろう。物を見ていないので、正しい判断かどうかは判らないね。

 そうすると、③の事例で実際に磁気がバッテリーに悪影響を与える事が有るのだろうか?

 疑問に思うなら、検証してみるのが科学に従事している者の務め?かもしれないが、小生は面倒なので月曜にでも大手バッテリーメーカーにで問い合わせてみようと思う(結果はここに公開します)。

 事実なら驚きだし、どんな機序で劣化が引き起こされるのかに興味がある。

 誤報なら、バッテリーメーカーや磁気キャッチを製造している会社に対して何らかのお詫びが必要になる事と思う。

 因みに朝日新聞・7月1日・朝刊であるので、興味の有る読者(居るのか?)は探して読んでみてください。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

« 2006年6月 | トップページ | 2006年8月 »