« FAXの修理 | トップページ | 磁気キャッチャー式ホック »

2006年6月29日 (木)

SHARP UX-X2CL FAX

割れていたスキャナー部のガラスをアクリル板で作り直し、やれやれ完成だ・・と思っていたら、どうにも子機-親機のやりとりが上手く行かない。

子機を分解し、ルーペで観察するも特に異常と思えるパーツも配線も無い。

念のため怪しそうなパーツの半田を再確認・・やっぱりダメ。

こりゃICが逝ってるな・・と諦め、開けっ放しにしていた「親機」の底板を嵌め、ネジをしめなおした。

・・・なんと、異常が解消されている。鉄板のシールド効果と云うより、どうやらアースを共有しているらしい。

昔のFAXは鉄フレームにプラスチック外装だったのだが、今の機器は芯からプラスチック。外板にアースを共有させるなんてねぇ・・車のモノコックみたいな考えかしらん?

さんざん悩んで子機には異常は無かった・・・苦労したけど面白かったなぁ。

|

« FAXの修理 | トップページ | 磁気キャッチャー式ホック »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: SHARP UX-X2CL FAX:

« FAXの修理 | トップページ | 磁気キャッチャー式ホック »