« 北海道ツーリング:7日目 | トップページ | 北海道ツーリング:7日目・続・続編 »

2006年5月24日 (水)

北海道ツーリング:7日目・続編

 ・・続き。

 逃れたはずの低気圧がついてくる・・困ったモンだ。雨具はかさばるので、あと少し通常装備で行こう。

 晴れていれば素晴らしい景観の積丹半島だが、霧雨ではねぇ・・。今回は岬の湯・しゃこたんもパス。キャンプ地の第一候補は「神恵内青少年旅行村」。温泉が近いけれど、料金は少し高め。時間に余裕も有るし、行ってみて気に入れば泊まろう。

 到着したけれど・・ちょっちねぇ。天気が良ければ海を見渡す爽快な立地なのだろうけれど、霧雨が吹き付け低い雲が全天を覆っている今日の様な天気では・・。

 更に、ガイドブックにも有ったけれど、平らなサイトが無さそう。いや、有るには有るが、道路(駐車場)からずいぶん離れた所しか無いようだ。そのサイトも雨でべちゃべちゃ。

あくまでも「天気が悪い」のが悪いのであって、此処が悪いキャンプ場と云う訳では無いのでその点に留意して下さい。

 結構考えたけれど、申し訳ない。今回はパス。トイレだけお借りして、駐車場で雨具を身につける。さて、何処に泊まろう。ひょっとすると夜も雨かもしれない。絶対条件は歩いて行ける所に温泉が有る事だ。

 昨年はニセコサヒナに泊まり、新見温泉へ行ったが、結構離れている。雨が降る事を考えると条件に合わないし、羊蹄山自然公園真狩キャンプ場は(昨年)融雪が遅れていると、閉鎖していたし・・(こんなコトからも、今年の北海道の春が遅い事が実感される)。

  いろいろ考えた末、少し遠いけれど中洞爺キャンプ場に泊まる事に決めた。さて、イクか。

 R229でぐるっと積丹半島を廻り、岩内でR5にスイッチ。ずいぶん遠回りだが、先ずはニセコサヒナへ。泊まりはしないけれど、今年の状態だけ確認しておきたくて。

 Sahina 周りは去年と同様、結構な積雪。キャンプ場へ行ってみると・・やっぱり去年より雪が多い。そんな中でもテントを張っている人が居る。僕が入る余地はやっぱり無さそうだ(写真は去年の状態)。

申し訳ないけれど、降車せずにUターンしてしまった。サヒナの人、ごめんちゃい。

 では、改めて洞爺湖へ。途中ニセコのわき水を頂く。これもお土産にするのだ。道道66から道道58・倶知安ニセコ線に入り、倶知安へ。道道478を抜け、羊蹄ふきだし湧水へ。此処で2Lペットボトルに水を詰める。これも、お土産。

R276からR230にスイッチ、湧水から天気が悪化。憂鬱になるが、洞爺湖に近づくにつれ、少しだが天気が回復。道路を見ると、つい先程雨雲が通り過ぎていった様だ。

洞爺公園洞爺線に入り、ようやく中洞爺キャンプ場へ到着。

駐車場には巨大なキャンピングカーやトレーラーがぞろぞろ駐車している。イヤな雰囲気だなぁ。

受付前にサイト内をうろついてみる。野趣あふれたキャンプ場のようだ。つまり、石がごろごろ、木の根がはい、水平な地面が少ない・・と云う事。

 Nakatent 良さそうな場所は先住者が居る。しかし、小生のテントは1M*2M有れば十分。犬がうろつくが如くうろつき、まずまずの場所を発見。

受付を済ませ、テントを張る。やれやれ、先ずはビールターイムじゃ。今日も良く走ったぜ!(そうか?)。

                       まだ、続く

|

« 北海道ツーリング:7日目 | トップページ | 北海道ツーリング:7日目・続・続編 »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 北海道ツーリング:7日目・続編:

« 北海道ツーリング:7日目 | トップページ | 北海道ツーリング:7日目・続・続編 »