« 北海道ツーリング:7日目・続・続編 | トップページ | 北海道ツーリング:最終日・最終回 »

2006年5月28日 (日)

北海道ツーリング:8日目・最終日

 いつも通り午前5時頃に目が覚めた。今日が北海道での最後の朝になる。シェラフの中でぐずぐずしている間に、昨晩話をした小父さんが撤収し、出発して行かれた。楽しい旅を!

 シェラフの中で今日の予定を考えた。フェリーの出航が真夜中なので、それなりに時間は有るが、余裕を持って行動したい。

ニセコ、積丹辺りは・・ほとんど行き尽くした。うーん何処へ行こうか。

さんざん迷った末、二股ラジウム温泉へ行く事に決めた。ドームが有る内に行けばよかったのだが、なかなか機会が無くて、未だ訪ねた事が無いのだ。

Nakatoya_1 6時頃迄うだうだしていたが、いくら最終日でももう活動しなくては・・と、テントから這い出した・・深い朝霧が立ち込めていた。

 いつも通りコーヒーを点て朝食をとった。地図を読んだり、パッキングをしたり、メールを打ったりして贅沢に時間を使ったのだが、霧が晴れない。困ったな~。

 結局8時過ぎまで霧が晴れなかった。さて、イクか。

 羊蹄山南側をぐるりと廻り、先ずは黒松内道の駅へ。此処でベーグルサンドとホット・ドックの昼ご飯にした。ベーグルは腹持ちが良いので、サンドイッチにして食べるのは、好き。

 しかし「暑い」。ようやく会えた太陽は”初夏”のかほり。じりじり焼け付く。だけどやっぱこうじゃなくちゃね。今の時期は夏の様に虫が出ていないし、気温がそれ程上がらないのでキモチいい。

 5号線は気持ち良すぎて眠くなって来てしまったが、道道842に入ると結構なワインディングで楽しめた。もう少し距離が有ればもっと楽しいのに・・結構山奥に入って行くなぁ・・と思っていると、温泉に到着した。

 Futamata 料金は驚きの1000円。こんな山奥に有るのでは当然冬季閉鎖だろうし、しょうがないと思う。「ドームがあった頃の方が良かった」と云う話を良く聞くが、自分にとっては十分満足出来る温泉だった。上がり湯(真水)が無いのはちょっと困った。

 次は、ソーランラインを走る事にした。前日霧雨で痛めつけられた道だが、今日は違う。絶好のツーリング日和だ。

 予想通り”スバラシイ!!”。最後の最後で本当の北海道らしさをくれた様な気がする。

  Syake 寿都に入った頃、妙に見覚えのある「魚干しやぐら」を見た。そのまま通り過ぎようとして、ハッと思い出した!あれはNHKの昼時日本列島?だったかでたまたま見た「鮭の寒干しやぐら」だっ!!

 沖で捕った鮭に粗塩をし、桶に詰めて熟成させ、十分塩漬けになったら次に水で塩出しし、それをくだんの「魚干し」にぶら下げて風乾させるのだ。

 手間が掛かった分だけ、普通の塩鮭よりひと味もふた味も違うと云う・・。

 すぐさまUターンして、店の前にバイクを停めた。店内にはこれまた見覚えの有る方が・・。お話すると、ビンゴ!社長さんだった。NHKで観た話をさせて頂くと、照れながらも喜んでくれた。小生は此処で完全に乾燥したタイプの鮭を購入したかったのだが、未だ完成していないと云う事で、残念ながら購入出来なかった(多分、今なら購入出来ると思う。興味の有る方は問い合わせてみて)。

 生の塩鮭(冷凍真空パック)はさすがにキケンかと相談すると、この時期ならまず大丈夫と言われ、3パック購入させていただいた(後日談:全く問題なし。美味しく頂きました。今度は丸のまま1匹購入したいです)。

  Touya_2寿都を過ぎ、羊蹄山南側をぐるりと廻り、R276へ。途中、倶知安のクロネコステーションから雨具と最小限の着替え等を除き、テント等は全て家に送ってしまった。サイドバッグ1つと、タンクバックだけになったバイクはすごく軽くなり、楽々。バイク本人?も楽だろう。荷物を送るのは大した金額ではナイので、毎年こうしている。  広島峠からは遠く洞爺湖を望む事が出来た。

 R453にスイッチし、今回最後の目的地登別温泉・さぎり湯へ向かう。

 さぎり湯で2時間程ゆっくりし辺りも薄暗くなりつつ有った。、さて、出発するか・・と、バイク脇で地図など確認していると、浴衣姿のオッちゃんが辺りを伺う様にしながら小生に話しかけてきた。

 「ヤク・・」 。・・・!?・・ヤクッ?ヤバイんじゃないのぉ、それって。
Noboribetu

                 ・・・続く。

|

« 北海道ツーリング:7日目・続・続編 | トップページ | 北海道ツーリング:最終日・最終回 »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 北海道ツーリング:8日目・最終日:

« 北海道ツーリング:7日目・続・続編 | トップページ | 北海道ツーリング:最終日・最終回 »